【2019秋セミナー向け連載】カナダの保育士資格を書換え申請で取得! | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

【2019秋セミナー向け連載】カナダの保育士資格を書換え申請で取得!

ホイクペディア スタッフ

この記事を書いた人 ホイクペディア スタッフ
2019.08.30

【告知】

Now Loading...


8月も後半になり、バンクーバーもだんだんと夏の終わりに差し掛かってきました。世界的にも天候が良いことで知られるこの街も、最近は晴れの日が少なくなってきた印象です。さて、9月のセミナーも近づいてきたので、どんどん連載記事を更新していこうと思います!今回は、カナダBC州の保育士資格の取得方法についてです。

この連載では、私Harukaが保育士としてカナダで経験したことをベースに、 現在のカナダの保育事情や「これからカナダに行ってみたい!日本以外で保育士として活躍してみたい!」と思っていらっしゃる方に役立つ情報をご案内します。

👇2019年9月セミナー向けの連載記事はこちらです👇

セミナー当日はブログに書けなかったお話や、私自身の具体的な例などたくさん紹介できればと思っておりますので、是非こちらからお申し込みください。当日は少しでも多くの方にお会いできることを楽しみにしています!

 

書換え申請ってなに??

名前の通りですが、日本の保育士資格はカナダBC州(バンクーバー)の資格に書き換えることができるのです!カナダの保育士が持っている正規の資格と同じものを書換え申請で取得できるので、渡航後はすぐにでも現地の保育士として働くことが可能です。しかし、ちょっと注意点があります。実は、この申請は単純に資格を書き換えるのではなく、資格を取得するために通った日本の学校の単位が必要です。このため、残念ながら学校に通わずに国家試験で資格を取得した方は、本書換え申請はできません。記事の後半では、カナダからオーストラリアの書換え申請もご紹介します。カナダで保育学校に通うご予定の方は、オーストラリアへの書換え申請が可能になるので、カナダ留学後に別の国への渡航をお考えの方もぜひご覧ください!

ここがすごい!書換え申請のメリット

私は、日本の保育学校に通っていないため、書換え申請を行うことはできなかったし、そもそもこんな方法があるとは知りませんでしたが、知れば知るほどすごい申請なんです!書換え申請の最大のメリットは、費用と時間を大幅に抑えることができるという点です。書換え申請は20万円程度の予算で、しかも日本で待つだけで現地の資格が取得できます。現地で保育学校に通うとなると、最短でも1年分の学費がかかるところ、20万円で海外の保育士資格が取得できるって、すごくないですか!?

カナダBC州の保育士資格取得方法「書換え申請 vs 保育学校」

BC州の保育士資格の取得方法は、①書換え申請を行うか、②現地の保育学校に通うか、の2択です。それぞれにメリットとデメリットがあるので、今日は主な特徴をご紹介します。セミナー当日は、メリットに加えてデメリットの説明や、どのような方が書換え申請を行うべきかを詳しくご案内します!

書き換え申請

  • 予算:20万円程度
  • 期間:6ヶ月程度
  • メリット:費用を格段に抑えられる / 日本から申請可能 / 申請後は待つだけ

保育学校

  • 予算:200〜400万円程度(学費と滞在費)
  • 期間:1〜2年程度
  • メリット:英語力が格段に伸びる / カナダの保育を勉強できる / カナダの学歴が手に入る

カナダからオーストラリアへの書換え申請

ここまでは、日本からカナダへの書換え申請のご案内でしたので、日本の単位を持っていないと行えないことを説明させていただきました。ここでは、カナダの保育学校に通わないと行えない、カナダからオーストラリアへの書き換え申請についてご紹介します。ということは、、、今からカナダの保育学校に通って資格を取得する方は、その後書換え申請でオーストラリアの資格まで取れるのです!以下で一例をご紹介しますが、このような流れで2ヶ国での保育士経験を積めれば、これ以上ないキャリアアップになりますよね!

  1. カナダBC州の保育学校に1年間通い、ECE資格を取得
  2. カナダの保育士として、ワーホリを使って1年間就労
  3. カナダで取得したECE資格を使って、オーストラリアの資格へ書換え申請
  4. オーストラリアの保育士として、ワーホリを使って1年間就労
  5. カナダとオーストラリア2カ国で就労経験を持つ保育士として、日本へ帰国

セミナー当日にお話しすること

  • 書換え申請で取得できるカナダBC州の資格
  • 書換え申請の流れと費用の詳細
  • 書換え申請と保育学校の比較
  • どのような方が書換え申請を行うべきかについて
  • カナダからオーストラリアへの書換え申請

 

今回は書換え申請についてご紹介させていただきました。読んでくださった皆様、ありがとうございます!

当日は、このメリットの多い書換え申請について詳しくお話させていただきますので、ぜひお気軽にご参加ください!参加費無料です!
セミナーのお申込みはコチラから!

この記事を書いた人

ホイクペディア スタッフ

ホイクペディアの管理人です。保育ボランティアをしている皆さんのお手伝いをさせていただいています。 カナダ保育に関するご相談はお問い合わせフォームからお気軽にくださいね!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す