カナダで保育士として働くために就職活動!必要な3点セットとは | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

カナダで保育士として働くために就職活動!必要な3点セットとは

may

この記事を書いた人 may
2017.05.03

【告知】

Now Loading...


こんにちは、カナダの大学で保育を学び、現在卒業判定待ちのmayです。絶賛就職活動中の私ですが、今日は就職活動に必要なものをご紹介したいと思います!

Image by Katemangostar from Freepik.com

履歴書だけじゃない!?カナダでの就職活動

日本で就職活動というと写真屋さんで撮った証明写真が貼付された履歴書を提出するまたは持参するイメージですが、こちらでは履歴書(resume)以外にカバーレター(cover letter)なるものが必要となります。※日系の飲食店などの場合はいらないかもしれません。

求人(job posting)にはだいたい「履歴書を送付してください」とありますがその場合、カバーレターのことが書いていなくても、カバーレターの提出が必要となります。

カバーレターとは?

一言でいうと挨拶状のような、履歴書に添付するお手紙です。志望動機や、自分がその職についたらどのように貢献できるかなどを手紙形式で記します。宛先や日付、自分の連絡先なども入れる他、読んでくれたことに対してのお礼なども含めます。

また、自分の連絡先はヘッダーとして入れますが、履歴書と同じヘッダーを使用し、統一感をもたせます。保育士というポジションでいくつかの園に応募する場合には、おおむね同じ内容でもいいですが、多少園に合わせてアレンジすること。特に志望動機などに関しては、「どうして他の園でなくその園がよかったのか」などを書くといいと思います。(素人ながらの意見ですが)

そもそも履歴書はどのように書くの?

日本とは形式の違うカナダでの履歴書。まず大きく違うのが、

  • 年齢や性別を書かない
  • 写真は不要
  • 学歴や職歴は新しいものを先に書く

この3点でしょうか。

年齢や性別、写真が不要というのは見た目や年齢、性別で差別しない、ということだと思うのですが‥素晴らしいですね。少なくとも面接までは平等に権利が与えられている気がします。

日本のように既成のテンプレートに手書きで書くということはなく、wordで作るのが一般的です。ATSというコンピューター上のシステムで読み取られることもあるので、イラストレーターやフォトショップなどワード以外のソフトで作ることはおすすめしません。

書く項目としては、ヘッダーに名前や住所、電話番号、Emailアドレス。続いて学歴、職歴、スキル(資格など)。

1ページにシンプルにまとめなさいという記述がネット上には多いですが、私の学校では裏表使って1枚(2ページ分のボリューム)の分量で最大限に情報を伝えましょうと指導されたため、2ページびっしり色々なことが書いてあります。笑

職歴がない場合はボランティアのことでも大丈夫ですし、日本の職歴でももちろんOK。カナダの保育園でボランティアをしていたと履歴書に書けると、保育士としての経験があるなと思ってもらえるので就職活動前にボランティアをするのは超おすすめです!

さらに必要なものといえば、リファレンス

特に保育士として働くですが、通常2人以上のprofessional referenceの提出を求められます。Referenceとは、推薦人のようなもの。

例えばボランティア先の園長先生にリファレンスになってもらったり、学校の先生になってもらったりします。勤務経験がある場合は上司になってもらったり。Personal referenceと言われた場合は友人でOKです。

流れとしては

  • 応募者が先生などに「リファレンスになってください」とお願いする。
  • リファレンスのOKがとれれば名前と連絡先を書類にして応募先に提出する。
  • 応募先がリファレンスに電話(メールの場合もある)する。
  • リファレンスの人が応募者はこういう人だと応募先に伝える。
  • 信頼できる応募者であれば採用する。

という感じです。

こちらも履歴書やカバーレターと同じフッターで書類を作成し、提出。リファレンスはリファレンスになってくれている人の個人情報が入っているので、ばらまくよりは、欲しいと言われたときに提出するのがベター。その場合、リファレンスには、「○○から電話がくると思うので」と毎回話した方がいいです。

まとめ

というわけで、就職活動に必要なもの3点セットをご紹介しました。これはカナダで保育士として就職活動をしたい人に向けての記事ですが、企業への就職活動でもほぼ同じです。

ちなみに、英語の文法やスペルミスなどがあった場合は選考からはずされるというのが定説なので、(保育士はそこまで厳しくないような気もしますが)できれば英語が第一言語の人にチェックしてもらったりしたほうがベターです。

色々応募をするまでの準備が大変ですが、何事も勉強勉強。就職活動がんばりますー。

この記事を書いた人

may

カナダ・バンクーバー近郊にある公立大学Capilano Universityで保育を勉強。日本では広告業界で働いていたので保育関連の知識や経験はゼロでしたが、卒業後無事フルタイムの保育士として現地の保育園に就職しました。移住を目標にカナダへ来たので、次の目標は永住権取得。ビザや永住権に関するトピックにも触れながらカナダの保育についての生の情報をお届けします!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す