バンクーバーにてフリーランスのナニー kazue さんにインタビュー

COS スタッフ

この記事を書いた人 COS スタッフ
2018.08.07

【告知】

Now Loading...


バンクーバーにてフリーランスのナニーkazue

今回はバンクーバーにてフリーランスのナニーとして働かれ、現在はホイクペディアを運営するCOSと共同でナニー斡旋業務も行うMatsuyama Kazueさんからお話を伺いました。

Kazueさんは個人のブログやインスラグラムでも日々情報発信をされていますので、ぜひそちらもご覧ください。(ブログやSNSはこちら)

Kazueさんの経歴

日本で外国語の専門学校を卒業し、いくつかの仕事を経た後、保育園で働く。2010年にカナダにワーキングホリデーで渡航。子供が好きだった事、保育園勤務の経験が活きるという事で、ナニーとして働き始める。
2014年にカナダの永住権を取得後も、ナニーとしての自由な働き方、やりがいを感じ、今もナニーとして働く傍らナニーの素晴らしさを伝える為にブログやSNSで情報発信中。
今まで働いた家族の数は45家庭。9年間の経験を元に、ナニーとして働く上での心得や準備、難しさなどを知り尽くされたKazueさんはこれからナニーを目指す方にとってとても心強い存在です!

インタビュー

まずはこれまでの経歴について教えてください。

Kazueさん :
京都にある外国語の専門学校を卒業しました。
メジャーはタイ語でした。笑 卒業後は貿易会社で通訳として勤務をしたり、派遣で事務をしたり、地元の福井に戻って保育園でも働きましたね!

インタビュアー :
タイ語を勉強されてたんですね!笑 珍しい!
色々聞きたい事はありますが、まずはなぜタイ語を勉強したかを教えて下さい。

Kazueさん :
理由は16歳で初めてタイに行った事です。その時に国柄や人柄などタイの文化にとても惹かれ、もっと理解したいという思い、現地の人と話したいという思いが芽生えたこと理由でタイ語を専攻しました。

インタビュアー :
日本でタイ語が話せる方は少なそうなので、仕事における需要は多そうですね。
その後派遣を経験した後に保育園で就職されたという事ですが、これは何か理由があっての転向ですか?

Kazueさん :
子供と関わる仕事がしたいなという気持ちがどこかにありながら、派遣で事務として働いていました。またもともとタイ語を専攻する時も保育の学校に進もうかと、とても迷っていた程です。プライベートで変化があった時期でもあり、環境を変えたいなという思いから当時住んでいた京都ではなく、地元福井の求人を見てたいところ保育園の求人を見つけました。

カナダに来られたきっかけはなんですか?

Kazueさん :
漠然とですが、英語圏で子供に関わる仕事をしたいという気持ちが保育園で働いている時にとても大きくなりました。思い返すと小学生の時や、タイでの経験もあり小さい頃から海外に対する憧れはあったと思います。
すぐに行動に移す性格で、カナダだけではなくイギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどワーホリが使える英語圏での求人を探していましたね。

インタビュアー :
以前から行動的だったんですね。笑 私との出会いもかなり行動的でしたもんね。笑 (COSのYuyaとの出会い談はまた後日)数あるなかでカナダを選んだ理由はなんですか?

Kazueさん :
MixiでBC州のバンクーバー郊外にいるファミリーと出会い、そこでお世話になる事が決まったからですね。その頃は永住権についても考えておらず、一年限定というイメージでしたので、カナダに来たのは本当にたまたまという感じです。

kazueさんカナダにて

kazueさんカナダにて

そこから永住権取得までの流れはどういったものですか?

Kazueさん :
採用の約束は早い段階でいただきましたが、保育園での仕事のスケジュールもあり約半年後の3月頃にカナダに渡航しました。渡航後すぐにカナダの魅力に取り憑かれ、もっと長いスパンで住みたいなと思っていたところ、ナニーとして2年以上働くと永住権の申請が出来るという事をナニー友達に聞きました。
当初のファミリーは2年以上の長期での契約は出来ないという事でったので、そのタイミングでスポンサーとなってくれる別のファミリーを探すことにしました。

インタビュアー :
スポンサー探しはどうでしたか?

Kazueさん :
英語での就活に当時は自信がなかったので、日本語でスポンサーとなってもらえる家族を探しました。最初はバンクーバーにいるファミリーを希望していましたが、縁のあるファミリーが見つからず、選択肢をカナダ全土に広げたところ、となりのアルバータ州にあるカルガリーという街でファミリーが見つかりました。結果的に紆余曲折はありましたがそこのファミリーで永住権取得までいたりました。

インタビュアー :
おめでとうございます!この時点でカナダ足掛けどれくらいですか?

Kazueさん :
2010年の3月に来て、2014年の10月に取れたので、4年半位ですね!今思うと色々と大変な事もありました!

ナニー先の子供と触れ合うkazueさん

ナニー先のお子さんと遊ぶkazueさん

ナニーの魅力はズバリ何ですか?

インタビュアー :
永住権が取れると違う仕事をしたり、また違う仕事をする為にナニーをされるかたも正直多いのが事実かと思います。Kazueさんは取得後ナニーを続けていらっしゃいますが、ナニーと仕事の魅力はズバリ何でしょうか?

Kazueさん :
取得後は保育士の学校に通おうと思ったり、将来的にはファミリーデイケアなどをやってみたいなと考えていましたが、ナニーとして働くなかで、1対1、1対2程度の少人数で保育をすることのメリットを強く感じました。その子どもペースや性格にあったチャイルドケアを行えるのはナニーという仕事だからこそであり、ここにとてもやりがいを感じました。

また収入面や労働条件に関しても、十分に満足いくオファーをいただいており、私生活も充実しているので、変える必要がないというイメージでしょうか。
就労ビザで働いている時期は、雇用主を変えられないというビザの制約もありますが、永住権が取れると、条件が良い雇用主を選ぶ事も出来ますし、雇用主も2年以上の約束をしないで良い為、好条件のオファーをしてもらいやすくなります。あとは、単純に英語力も付き、ナニー力も上がっていることも理由かと思います。

ナニー力ってなんですか?笑

Kazueさん :
ナニーとして優遇される為の条件ですかね?
車の運転が出来る、車を持っている、土地勘がある、時間に柔軟に対応出来る、外で遊ぶのが好き、First Aid/CPRといった医療関係の知識など、持っていると喜ばれるスキルをナニー力と呼んでいます!笑 

現在は、ナニーエージェントとして、ナニーとして働く魅力を広げる活動と、ナニーとして働きたいという向けに、ナニー力の伝授という形で就職支援をさせていただいています。
COS(ホイクペディア運営会社)に依頼をしてくるナニーを雇いたいファミリーと、私にご相談いただくナニー希望者の方のマッチングサービスを現在は行っています。

インタビュアー :
COSの宣伝もありがとうございます!(COSではナニーとして長期で働きたいとなった方向けに、ビザ関係の手続きや永住権の申請代行を事業としています。)

なるほど。言われてみれば納得ですが、条件の良いオファーを貰える為のコツはありそうですね。

今後ナニーをしてみたいなと思った方にアドバイスがあればお願いします。

Kazueさん :
ナニーはとてもやりがりがある仕事です。一般の会社のように収益を考える必要がなく、ファミリーと共同で子どもに最高の環境を作るという事だけに専念する事が出来るのは他の仕事ではなかなか見つかりません。家族が増えるような感覚も覚えます。子どもの成長に大きな影響を与える大事な時期に、私達に代わって温かく接してくれてありがとうと言われた事もありました。
愛情を注いだ分だけ返ってくるというのが感じられるという点はこの仕事以外にないと思います。逆に、家族のようなとても親しい関係を築く必要がある為、難しさもありますがそれを乗り越えた時に築けた関係性は、一生モノの関係になると信じています。本当の家族と同じレベルで信頼しあえる人が増えるという点が最大の魅力だと感じています。

インタビュアー :
ありがとうございました。ナニーをやりたくなってきました!そんな気持ちで自分の子どもを見てもらえるとファミリーも嬉しいのではと聞いてて感じました。

ナニーに興味がある方はぜひ以下のフォームからお申し込み下さい。

ナニー登録フォーム

以下がKazueさんのSNS、ブログです。ナニーとしての日々の生活やバンクーバーのオシャレなカフェも紹介されているのでぜひチェックしてみてください!

Kazueさん SNS / ブログ

【プロフィール】貯金15万でやって来たワーホリから、自力で永住権まで申請したお話など

【Facebook】毎日充実!カナダライフの様子をお届け*友達申請歓迎

【Instagram】可愛い子ども達やカナダの素晴らしい絶景など毎日更新中!フォロー喜びます

【Youtube】ナニーって?ナニーの1日、現役ナニーで対談、子ども達とのやり取りなど公開中!

この記事を書いた人

COS スタッフ

ホイクペディアからの告知です

バンクーバーにてフリーランスのナニー kazue さんにインタビュー」 に3件のコメント

コメントを残す