クラスルーム編 | バンクーバーとトロントの保育現場の違い | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

クラスルーム編 | バンクーバーとトロントの保育現場の違い

Chloe

この記事を書いた人 Chloe
2014.10.15

【告知】

Now Loading...


さて、前回の記事「バンクーバーの保育現場とトロントの保育現場の違いシリーズ~保育士になるまでの道のり~」では保育士になるまでのプロセスについてお話しましたが、今回はクラスルームの中の違いについてお話しします。
雰囲気だったり、セットアップ、生徒たちのバックグラウンドに違いを感じる部分が多いです。

 

まずトロントで働き始めて印象的なのが、トロントのクラスルームには基本的にテーブルが多い!というイメージ。トドラー、プリスクール、キンダー、スクールエイジとほぼ全てのプログラムで働いていますが、テーブルが多いなーと感じます

 

あくまでも「感じます。」というだけで、もしかしたら絶対数に変わりはないのかもしれませんが、そう感じるのにはプログラミングの違いが関わっている気がします。

 

詳しいプログラミングの違いやなぜそういった違いが生まれるかなどの詳しい部分は次回に持ち越すとして、簡単に言うとトロントでは机に座って行うアクティビティが多かったり、よりアカデミックにフォーカスを置いたプログラミングが多い気がします。

 

つまり、必然的に「生徒が机に座る練習」プラス「机に座って行うアクティビティ」の時間が多くなって、その様子を見ている私が「机が多いなー」と感じているのだと思います。

 

バンクーバーでも机に向かって行うアクティビティの時間ももちろんありますが、もっと自由な感じというか、カーペットの上でするか机の上でするか、それはどっちでもいいよー自由だよーというスタンスの施設の方が多かったように感じます。

 

この土地柄はもちろんのこと、州のECEシステム(早い年齢からキンダーが始まるなど)などや、こちらのデイケアを管理する行政の関係などなどが西と東のプログラミングの違いに関わっていると思います。

 

そしてもう一つ目に見える違いは、とにかくトロントは多人種国家!

 

バンクーバーにいたころは、バンクーバーって他人種国家!と思っていましたし、実際に他人種国家です!ですがトロントの他人種ぶりはそれを上回ります。

 

ご存知のかたもいるかもしれませんが、バンクーバーにはアジア系の移民が多いです。次にペルシャ語を喋る中東の方々かな?実際の数は把握しませんが、働いていて感じたのが、白人、アジア人、中東出身の子供のおおさ。これだけでも沢山のバックグラウンドを持った人たちがバンクーバーにいることがわかると思います。

 

一方トロントにひと足踏み入れると気づくのが、中南米などの国からの移民(いわゆる黒人と呼ばれるアフリカンアメリカンの方々)の多さ!世界中から沢山の移民が集まっている都市バンクーバーで唯一出会うことが結構稀な人種の方々です。

 

そしてアジア人も、中東人も、アフリカ人も多いんです。まず人口の絶対数が違うので、人種にも広がりが出るんだと思いますが、クラスルームは白人、中南米人、アジア人、中東出身の子供たちがまぜこぜのクラスルームです。私もトロントにきて知らなかった国のことをたくさん知ることができました。

 

そういったことも背景にあってか、クラスルームの中にはマルチカルチュラルなディスプレイがたくさん。

 

IMG_20141006_133516

日本人の女の子に日本語で「こんにちは」と書かれたポスターの横にはアラビア語?のディスプレイ。こういったディスプレイがいたるところにあります。

 

IMG_20141006_084147

 

こちらは、同性婚をした夫婦がベビーカーを押す写真。同性婚が認められているカナダならではのディスプレイだと思います。特にこの施設に同性カップルの親御さんがいるわけではないのですが、他にも女性同士の結婚式の写真等も飾られています。

 

こんな風に人種だけではなくスペシャルニーズやアンチバイアスのディスプレイがかなりの数で溢れていて、なぜだろう・・・??と疑問に思っていたら、これはトロント市で決められていることなんだそう。。。!!

 

このディスプレイをしなさい!という決まりではないのですが、年に一度やってくる監査から与えられたガイドラインに従ってプログラムやクラスルームを作り上げて行く際、こういったマルチカルチャー、アンチバイアスをサポートするディスプレイをすることは項目の一つにあり「絶対」だそう。これにはびっくり。

 

先程も少し触れたように、市の行政が行う監査がトロントのECEシステムを大きく左右していて、バンクーバーとの違いを生み出す要因になっています。

 

次回の記事「バンクーバー保育現場とトロント保育現場の違いシリーズ~職場環境篇~」では、この監査システムの違いや、それに伴う職場環境(気になるであろう仕事量やお給料の話・・・)についてお話しようと思います!!

この記事を書いた人

Chloe

バンクーバーアイランドにある州立大学のECEプログラム卒業後、ECEフルライセンスを取得し、Infant and Toddler Daycare、Junior Kindergarten等様々な保育施設で保育士として働く。永住権を取得し、保育士経験6年目となった2014年に心機一転、トロントに渡り、幼児教育のBA(学士号)取得を目指し州立大学3年次に編入。現在、大学生と保育士の2足のわらじをはいて毎日奮闘中!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す