カナダの保育園の必須アイテム!Playdoughを作ろう!

may

この記事を書いた人 may
2016.02.18

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


皆さんこんにちは!カナダの大学にて保育を学んでいるmayです。今日は実習先の保育園で使うPlaydoughと呼ばれる、小麦粉ベースの粘土のようなものを手作りしたので作り方をご紹介します。家にある材料でできるのでお子様のいるご家庭でもお試しいただければと思います!

Playdoughとは・・

cox-1343290-1920x1440

はい、繰り返しになりますが、小麦粉で作る粘土のようなもの。ちなみに粘土は英語でclay。play=遊ぶ dough=パン生地 でplaydoughと呼ばれているのだと思います。基本的には白色ですが、食用色素を混ぜることで上の写真のようにカラーのplaydoughを作ることも可能。
今回私が作ったのは白色のスタンダードなものです。

[材料]

  • 小麦粉 4カップ
  • 水 1カップ
  • 塩 1.5カップ(減らしてもOK)
  • サラダ油 大さじ2〜4

1.まずは材料を準備。計量カップとボウルも準備します。P1210141
2.小麦粉を入れます。
P1210142
3.塩を入れます。これは保存性を高めるためらしいので、最悪なくてもいいみたい。私は適当に入れました。笑
P1210143
4. 油を入れます。
P1210144
5.水を入れます。
P1210147
6.こねます。えいやっ!
P1210148
7.まとまってきました。
P1210149
8.手につかなくなるまでまとまれば完成。
P1210150

少しべたつく場合は小麦粉を足してください。私はちなみに次の日保育園に持っていったら「It’s too sticky!(べたべたしすぎるよこれ!)」って子供に言われ、その場で小麦粉を足しました。(笑)

食品を使うので、万一子供が口に入れても安心なPlaydough。逆に食べ物で遊ぶのは気が引ける!なんて日本人の私は思ってしまいましたが、このPlaydough、こちらでは定番の遊び道具。塩を入れると数ヶ月はもつようなので、一度しっかりつくって密閉容器に入れておいて繰り返し遊ぶのもおすすめです。

カラフルなものを作りたい方は、ぜひ食用色素を入れて色々な色のplaydoughを作ってみてくださいね!

この記事を書いた人

may

カナダ・バンクーバー近郊にある公立大学Capilano Universityで保育を勉強。日本では広告業界で働いていたので保育関連の知識や経験はゼロでしたが、卒業後無事フルタイムの保育士として現地の保育園に就職しました。移住を目標にカナダへ来たので、次の目標は永住権取得。ビザや永住権に関するトピックにも触れながらカナダの保育についての生の情報をお届けします!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す