海外での保育ボランティアを終えて

Takuro

この記事を書いた人 Takuro
2015.03.18

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは、Takです。

実はもう僕の記事はこれで最後になります。

今年の一月から始めて2か月ちょっと、海外での保育ボランティア経験はあっという間でした。
ちょっと大変で自分でも対処のできないこととかありましたが、無事終えて良かったです。
最初は子供を見るたびに「小さい!」と思っていたのに、今ではもう小さく見えません。

それは子供のことをよく知ってより人間として見えてきたからかもしれません。

 

 

どうでもいいことにこだわったり、何度言っても悪いことを繰り返したり、親のことがとてつもなく好きだったり、困っている子のことを助けてあげたり。

 

 

短い時間で、自分としては子供に何かを教えることもできなかったし、とぎれとぎれの英語で話しかけていたので、申し訳ないと思う気持ちもありますが、その代わりに子供たちにたくさんの笑顔は与えられたと思います。

 

またバンクーバーに戻ってくることがあったら大きくなった子供たちに会ってみたいとすごく思いました。僕自身もこのボランティアを通して色々なことを学べましたし、将来どうしたいかというのも決めることができました。

 

 

機会を与えてくださったAyakaさん、二人の先生、子供たちに感謝したいと思います。
どうもありがとうございました。
Takuro

この記事を書いた人

Takuro

保育士の仕事に興味があってボランティアを始めました。経験も知識もなく英語力もそれほどありませんが、頑張ります。腹話術が得意なのでそれを通じて子供たちに何かできたらいいなと思います。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す