オーストラリアとカナダ間の書換え申請で保育士資格を両方取得! | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

オーストラリアとカナダ間の書換え申請で保育士資格を両方取得!

COS スタッフ

この記事を書いた人 COS スタッフ
2019.08.20

【告知】

Now Loading...


こんにちは、クレアです。
本日の記事は、オーストラリアとカナダの保育士資格についてです!オーストラリアとカナダ間で、お互いの国へ保育士資格の書換えができることをご存知でしたか?こちらのページでは、カナダからオーストラリアへの書換え申請についてご紹介します。日本やオーストラリアからカナダ(BC州)へ書換え申請をご検討の方はこちらをご覧ください。

 

ホイクペディアをご覧の方の中には、すでにカナダで保育士としてご活躍中で、今後の選択肢としてオーストラリアへの留学をご検討されている方も多くいらっしゃるかと思います。そんな方に朗報です!ホイクペディアでは、カナダ(BC州)で保育学校に通い現地の資格を取得した方を対象に、オーストラリアへの保育士資格書換え申請サポートを始めました!

オーストラリアの保育士免許書換サービス

日本から直接オーストラリアの資格に書き換えられないの?

このご質問をよく頂きますが、まず回答からお伝えすると、現実的にとても難しいです。まず、オーストラリアの書換え申請は「保育に関わる学歴」と「英語力」を証明します。日本の学校をご卒業の方は外国と比べると単位を多く取得しますので、「保育に関わる学歴」については問題がないケースが大多数です。しかし、もう1つの「英語力」はとても高い合格基準が設けられているので、残念ながら多くの方がここで断念されています。

オーストラリアへの書換え申請に必要な英語力

英語力はとても高い合格基準が設けられていることをお伝えしましたが、こちらがオーストラリア政府が定める必要英語力についての実際の案内です。

“a score of seven (7.0) or more in the reading and writing components, and a score of eight (8.0) or more in the speaking and listening components, in the academic version of the International English Language Testing System (IELTS) exam in the last two years.”

必要となる英語力は、IELTSでリーディング・ライティングが7.0、スピーキング・リスニングが8.0以上です。さらに、このスコアはAcademicモジュールで取る必要があるため、TOEICや英検ではほぼ満点でも届かないレベルです。日々留学をサポートしているホイクペディアの印象としては、英語圏で1〜2年間留学しても数%の方しかこのスコアには届かないと考えています。

英語力の証明無しでオーストラリアの資格に書き換える方法

これほど高い英語力を求められてしまっては、”私の英語力では難しい。。。”とガッカリしてしまう方が大多数かと思いますが、実は別の方法があります!カナダを含む5つの英語圏の国(カナダ・ニュージーランド・イギリス・アメリカ・アイルランド)でのみ、保育学校で勉強し取得した資格を書き換える場合は、IELTSのテストを別途提出する必要がありません。つまり、英語圏の国で取得した保育士資格ならオーストラリアに書き換えることが可能です!この方法ならば難易度が高かった英語レベルが不要で、書換え申請が現実的になりますね。オーストラリアでは、英語力よりも英語で保育のプログラムを修了したという事実を評価してくれているようなので、とてもありがたいですね!

カナダ(BC州)とオーストラリアの保育士資格の比較

カナダ(BC州)の資格 性質 取得までの就学期間
ECEA アシスタント 3ヶ月
ECE 3〜5歳をみる資格 1年
ITE 0〜2歳をみる資格 1年6ヶ月
SNE 障がい児をみる資格 2年
オーストラリアの資格 性質 取得までの就学期間
Certificate III アシスタント 6ヶ月
Diploma 0〜5歳をみる資格 2年
Degree 0〜8歳をみる資格 4年
SNE 障がい児をみる資格 2年

オススメ資格書き換えパターン

  • カナダBC州の保育学校に1年間通い、ECE資格を取得
  • カナダの保育士として、ワーホリを使って1年間就労
  • カナダで取得したECE資格を使って、オーストラリアのCertificateIII資格へ書換え申請
  • オーストラリアの保育士として、ワーホリを使って1年間就労
  • カナダとオーストラリア2カ国で就労経験を持つ保育士として、日本へ帰国

留学先を考える時、カナダとオーストラリアで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。どうせなら、両方の国で保育士として働いてみませんか?多文化社会であり、個性を尊重する国として知られるカナダとオーストラリアでの就労経験は、日本に帰国後もとても大きな武器になります。ホイクペディアでは、そんな皆さまのキャリアアップをお手伝いするために、全額返金保証付きの保育士資格書換え申請サポートや、カナダの保育学校のご紹介を行っています。ご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください!

この記事を書いた人

COS スタッフ

COSカナダ留学サポートデスクは、英語習得のみを目的とした留学ではなく、海外で保育などの専門的分野を勉強されたい方を対象に、無料でコンサルティングを行っている留学エージェントです。 ホイクペディアはCOSカナダ留学サポートデスクによって運営されています。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す