英語力に自信がない!!そんな私でも海外生活や海外就職はできるの!?

Tomoka

この記事を書いた人 Tomoka
2017.12.30

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは、Tomokaです。日本はもう31日で紅白の日ですね^^紅白と言えば、先日引退発表した安室ちゃん。何を隠そう私は安室ちゃんの大ファンで、カナダに来る前は毎年ライブに行ってたくらいです。私にとって2017年は、カナダで就職と勉強に大奮闘の8か月と日々アムロスを味わう4か月でした(笑)。皆さんにとっての2017年はどんな1年でしたか?

 

英語力に自信がない!!

さて、前回は30代からでも!!海外留学に遅い年齢なんてない!という記事を書きました。今回の記事の本題は、英語力に自信がない!!だけど、一度は海外生活してみたい!海外就職もしてみたい!っていうあなたに向けて私なりの見解で、これまたうざ熱く書いてみます。

単刀直入に言うと、英語力に自信がなくても海外就職も海外生活もできます!!これは、私自身もそうだからです。こんな風に記事を書いているので、さぞTomokaさんて英語ができるんだろう、保育士としてのスキルもあるんだろう、そう思われるかもしれません。しかし、そんなことはないんです。私のことをリアルに知っている人から見たら、もしかしたら苦笑されるレベルの英語力かもしれません(-_-;)。それだけ私は自分の英語力に自信がないんです。だから、日本人同士で英語で話すっていうのに未だに抵抗があります。けれど、私は実際に海外生活も海外就職もしています。大事なのは、「英語力に自信がないということを自分の夢から逃げる言い訳にせず、自分自身を奮い立たせてチャレンジし続けること」だと思います。ただ、私も就職活動中に「Tomokaは英語力が無いから採用できないわ」って言われたことが実際にありました。やはり英語力は必須。それは本当に痛感しましたし悔しかったですよ。でも、そんなすぐに英語力なんて付かないじゃないですか。私たち日本人だって、どれだけ長く日本語を勉強してきたか。それこそ生まれた時から日本語を話したり聞いたりしてはいたものの、小学生から高校生まで国語として日本語学習に触れていたはずです。語学を身に付けるにはそれなりに時間はかかります。だからこそ、がんばって学び続ける姿勢が大事だと思います。

海外生活や海外就職はできる!?

ここで英語力に自信がないけど海外生活や海外就職できる!っていうことと逆のことを言ってしまいます。確かにできるのですが、それを続けられるのかどうかはまた別の問題になります。移民に優しい国というだけあって、英語がネイティブでない外国人もいっぱい働いているのですが、全員英語を話して生活や仕事をしています。もちろん日本食レストランで働く日本人もたくさんいるので、ほぼ日本語環境で生活している日本人もいっぱいいます。少ないですが日系幼稚園もありますので、そちらはほぼ完全に日本語環境です。だけど、そのような環境を選ばなければ完全に英語環境です。そんな英語環境に自分が耐えられるかどうかですよねでも、そればかり考えてしまうと不安しかないですよね。実際は私も不安でいっぱいだったりします。だけど、ここには同じ状況で共にがんばる仲間がいっぱいいます。応援してくれる人もいっぱいいます。だから、大変だけどがんばれる環境をつくることが大事だと思います。

過去記事で他のライターさんが実際に日本人がカナダの保育所で働けるのか??という記事を書かれています。やはり経験が豊富なだけあって、大変勉強になる内容でした。私も自分を奮い立たせてがんばろうと思います。

 

自分のアピールポイントを知っておこう

私は今でこそ雇用先がビザのスポンサーになってくれたお陰で英語環境のデイケアで働けています。私の場合は本当にラッキーで、雇用主はすぐに私の採用を決めてくれました。え?Tomokaさん英語力ないのに??って思う方もいるかもしれません。私もそこは不思議でした。実は雇用主自身も移民した外国人。英語を話す大変さは身に染みて体験している人でした。だから彼女は、私の英語力よりも私の勤勉さ、手先の器用さ、人間性で判断した!って言ってました。英語力はすぐに身に付かないかもしれないけれど、自分だけのアピールポイントを持っているのは強いと思います。保育士としての経験もないので日々勉強です。現場での経験が一番学びになります。だから、英語力が無くても、保育士としてのスキルや経験が無かったとしても、一生懸命やっていたらいつかは誰かが認めてくれます。私も先日書いたクリスマスパーティの記事で嬉しいサプライズがいっぱいありました。詳しくはこちら→クリスマスパーティはサプライズがいっぱい!?カナダのデイケアのクリスマスパーティ

それで満足せず怠らず、私はこれからもがんばろうと思っています。毎日英語がペラペラペーラな自分を妄想し…(笑)、いや、妄想だけではなくて、子どもと英語を話すことを楽しんだり、海外ドラマ見たり、自分がわくわく楽しむ勉強方法を取っています。雇用主もよく「Tomoka、You Tubeよ!!You Tubeを見なさい!!」って言ってくれます(笑)。

 

今回もちょっとうざ熱く書いてしまいましたが(笑)、私もまだ夢の途中。これからの目標もあるし、また新たな目標や夢もできると思います。地球上のどこにいても、一緒に目標達成、夢を叶える仲間が増えるのは嬉しいことです。一緒にワクワクしましょう。楽しみましょう。年の終わりに駆け込みで参加し出した私ですが、今年1年ホイクペディアを読んでくださり、ありがとうございました。また2018年もよろしくお願いします。

この記事を書いた人

Tomoka

日本では小学校教諭を8年。子どもたちと関わる仕事をずっとしています。COSカナダ留学サポートデスクとの出会いはホイクペディアで活躍している海外保育士さんのブログが始まりでした。一度は海外で生活してみたいという夢に火が付き、意を決して小学校教諭を退職してバンクーバーに留学。COSの保育士免許書き換えサービスと現地のカレッジでの履修を通して、BC州の保育士免許を取得。30代で人生最大のチャレンジ。むしろ毎日がチャレンジの連続という破天荒ぶり。ブログを通して皆さんに勇気と笑いを届けていこうと思います。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す