カナダに10年住んだ私が今帰国を決めた理由 | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

カナダに10年住んだ私が今帰国を決めた理由

Chloe

この記事を書いた人 Chloe
2016.01.07

【告知】

Now Loading...


さて、先週お話したように10年間カナダに住んできて、永住権もゲットした今突然日本に帰国することを決めたわけなのですが、今週はその決断に至るまでの経緯や、なぜそのような決断に至ったのか、完全に私の個人的な意見や考えを軸にお話ししていきます。

 

かなり正直に話していきますが、これはあくまでも私の感じたことなので、そうなんだー程度に読んでいただければと思います。が!留学を迷っている人や、いつ頃行くか悩んでいる人には少しは役に立つといいなーと期待しつつお話していきます!

 

帰国を決めた理由

まぁひとことで言うと、正直「なんとなく日本が恋しくなった」というのが一番のきっかけです。

 

これは海外に来た人たちみんなに言えることですが、どんなに日本が嫌いでも、海外に少しでも住むと、日本がいかに素晴らしい国かというのが見えてきます。人柄だったり、手に入るものだったり、食だったりいろいろ。

 

そして、長い間日本を離れるとそれがどんどんどんどん募っていて、だんだん感覚が外国人になってきて、日本人なのに、日本に住んでさらに日本で働くということに憧れを抱くようになっていきました笑

 

特に私は高校を卒業してすぐこっちにやってきて、日本で正社員として働いたことがないというのも手伝ってか、日本の社会に出るということは未知の世界で、日本で働くということは何割か増しでキラキラ輝いたものにみえてきたということなんです。

 

周りの日本人からどれだけ日本の職場環境が劣悪かを聞いても、実際に体験したことのない私にはそれすらも素敵に思えて…笑もう完全に感覚が外国人なんでしょうか…日本の文化に触れて、日本の社会で働いていみたい!!そんな感覚。

 

なぜ10年たった今なの?

なぜいまなのかというと、やっぱり年齢的に今がラストチャンスと思ったから。特に日本は、女性は再就職にも年齢制限があると聞いているので遅くなると可能性が狭まると思い今だ!!というタイミングで帰国を決めました。

 

もっと早くてもよかったんじゃない?と思う方もいると思います。そうなんです。実はバンクーバーを出るときに日本に帰ろうかとも思って、その時実は悩んでいました。ですがその時にはまだ帰る自信がなかったのが正直なところ。

 

日本に帰るならインターナショナルスクールで働くことになるんだろうなーと思い、求人情報なんかを確認したりしてみたのですが、そこは学歴社会日本。経験はあってもやっぱりどこも求めているのは四年制大学卒業以上のところがほとんど。特に私が求めているのが英語塾のようなところではなく、100%英語で保育をするインターナショナルスクールなので、そういったところはやっぱり条件も厳しく、日本の大学を卒業していない私は、正直Diplomaだけをひっさげて学歴社会の日本に帰ることに不安がありました。

 

 

さらに、バンクーバーの保育は遊び中心の保育で、そのカリキュラムは素晴らしいのですが、まだなかなかそのシステムは日本では受け入れられていないのが現実。日本のような、お勉強にも力をいれるようなカリキュラムに自分が対応できるか不安で、このまま帰っても中途半端なところで働くことになると思い、それならトロントの大学でもう一回勉強してから帰るかどうか決めよう!と思ってトロントに引っ越してきたのです。

 

そして、今通っている大学で、Degree取得に向けてレベルが一段回上の教育を受け、さらにトロントの、バンクーバーとは少し違ったお勉強にも力を入れるカリキュラムに触れて、どんなふうにカリキュラムを作ったらいいか実践して、これなら日本でもやっていける!と自信がついた今帰ることを決断できました。トロントに来てなくてバンクーバーにいたままだったら正直まだ帰るかどうか悩んでいたかもしれません。

 

あとは、カナダの保育所で働いていると英語の喋れない生徒を受け持つこともたくさん合って、そのことたちが自分のクラスを卒業する頃にはペラペラ喋れるようになっているのをみて、日本の子どもたちにもこんな風に自然と英語を学べる環境を作ってあげたいと思ったのも理由の一つです。日本はやっぱり英語教育に関してはすごく遅れているし、やり方もちょっと疑問点がすごく多いので、そこらへんを自分の知識と技術でどうにか変えられたらなーとも漠然と思ったり。

 

他には家族のことだったり、心は日本人だしねーってことだったりいろいろとマイナーな理由はあるのですが、まぁこんな理由で日本に帰ることを決意しました!

 

 

そして永住権を持っているので、今トライして日本が合わなかったら帰ってこよう。そんな軽い気分で帰国を決めれたのも後押ししてくれた要因でもあります。

 

こう振り返ると、日本でずっと過ごしてきた人がカナダにワーホリに来るのを決断するのに感じが似てるなーと思います。

 

今いつこっちに来るか迷っている人は来れるなら早めに来るのがベストだと私は思います。何年か住んで合う、合わないがわかる場合もあるし、早めに来るとその後余裕を持って方向転換がしやすいのでね笑

 

なんてながながと自分の話をしてしまいましたが、少しでも役に立つ情報シェアできてるとうれしいです。

 

それでは次回は帰国後どうするか。就職の方法や仕事の見つけ方などお話しようと思います。

 

でわ!

 

 

この記事を書いた人

Chloe

バンクーバーアイランドにある州立大学のECEプログラム卒業後、ECEフルライセンスを取得し、Infant and Toddler Daycare、Junior Kindergarten等様々な保育施設で保育士として働く。永住権を取得し、保育士経験6年目となった2014年に心機一転、トロントに渡り、幼児教育のBA(学士号)取得を目指し州立大学3年次に編入。現在、大学生と保育士の2足のわらじをはいて毎日奮闘中!


ホイクペディアからの告知です

カナダに10年住んだ私が今帰国を決めた理由」 に1件のコメント

  1. Izumi より:

    いつも楽しくこのサイトを拝見させていただいています。

    ちはるさんへ。
    とても良い記事を有難うございます。お気持ちよくわかります。

    私もカナダに11年在住した後に同じような理由で帰国しました。そして、ちはるさんが仰っているように日本で英語幼児園に就職しました。

    全く同感です。私も永住権がありますのでいつでも帰れる!(もうどちらの国に”帰る”のかわからなくなっていますlol)という気持ちであっというまに3年半が経ちました。日本での再生活は私に沢山のカナダ生活初期に味わった感じを与えてくれていますちはるさんが日本生活を楽しまれますようお祈り、応援いたします。
    Bon voyage!! ;-)

コメントを残す