最短4ヶ月で取得可能!保育士アシスタントの資格を取りました! | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

最短4ヶ月で取得可能!保育士アシスタントの資格を取りました!

may

この記事を書いた人 may
2015.12.15

【告知】

Now Loading...


皆さんこんにちは。mayです。今日はなんと!私にとっての嬉しいニュース!夏前に申請していた保育士アシスタントの資格がやっと家に届きました!・・すみません個人的なことで!笑

assistant

保育士アシスタントの資格ってそもそも通常の免許とどう違うのか、気になるところですよね。今日はこのカナダの保育士アシスタントの資格のメリットや取得までの費用・期間など、詳しくご説明したいと思います!
 

保育士アシスタントとは

 
正規のライセンスを持っている人が職場にいる事などを条件に、保育士アシスタント(Early Childhood Educator Assistant(ECA))としてデイケア、プリスクールで働くことのできる資格です。(保育士免許は州によって異なるのですがここではバンクーバーのあるBC州のものをご紹介しています。)アシスタントといっても、雑務などをするわけではなく、一保育士として働くことが可能です。 Substitute(休みを取っている先生の代わりに働く先生)として働くこともできます。資格の取得は最短4ヶ月程度から可能。学校によって定められた授業や講習などを全て取った後、BC ECE Registryに申請をするとライセンスが取得できます。5年毎に免許更新が必要で、更新の際は過去5年間に実際の教育現場で最低500時間働いたことを証明する必要があると同時に、BC ECE Registryの指定する教育機関によるワークショップなどの受講が必須となります。
 

保育士アシスタント資格の取れる学校

 
[MTI Community College]
コース名:Childcare Assistant Certificate
授業期間:15週間(302時間)/毎月入学可能
授業料:4,034.80カナダドル(約371,000円)
※教科書代、入学費、税金などは別途
授業内容:
●Child Growth & Development 0-5 Years (80 hours)
●Introduction to Technology(20 hours)
●Foundations(60 hours)
●Guiding & Caring (60 hours)
●Emergent Curriculum(60 hours)
●First Aid(2 hours)
●Career & Personal Development(20 hours)
 
[Sprott-Shaw College]
コース名:Early Childhood Education Assistant (Certificate)
授業期間:12週間(360時間)/2016年は5月30日入学
授業料:4,415カナダドル(約406,000円)
※教科書代、入学費、税金などは別途
授業内容:
●Child Growth and Development
●Interpersonal Skills
●Health, Safety and Nutrition
●ECEA Practicum & Touch Back Lab (Comp/Inc)
※Practicum(実習)160時間含む、Vancouver&Richmond Campusのみ
 

カナダの学校で保育士アシスタント資格を取るメリット

 
●資格取得後はSubstitute teacherとして働いたり、保育士としてアルバイトで働くことが可能
●短期間で取れるため、正規の資格を取るより予算が抑えられる
●日本で保育士の免許を持っている人もカナダの幼児教育の基礎が勉強できる
●実際に保育園で使う英語を働く前に身につけることができる
●学生ビザなし(観光ビザは6ヶ月有効)でも受講可能
 

保育士アシスタントを取得する場合の留学プラン例

 
(1)観光ビザにて入国→専門学校に4ヶ月通学+保育園にてボランティア→資格取得後ワーホリに切 り替え→保育士アシスタントとして1年間働くことが可能
(2)学生ビザにて入国→専門学校に4ヶ月通学+週20時間アルバイト→資格取得後ワーホリに切り替え→保育士アシスタントとして1年間働くことが可能
(3)ワーホリビザにて入国→半年間はアルバイト→専門学校に4ヶ月通学→資格取得後2ヶ月保育ボランティア
 
私の通う大学Capilano Universityはアシスタントの資格だけを取るコースは残念ながらありません。2年間通うDiplomaコースの中でChild Development I, Guiding Young Children, Introduction to Centre Administration, Child Development IIのどれかをとればアシスタントの資格を申請することができるという制度なので、アシスタントの資格だけを取りたい方は上記の専門学校で取った方がいいかもしれません。
 
また、アシスタントの資格があったからといって働けるビザがないとどちらにしろ働くことはできないので、ビザのことも合わせて考える必要があります。30歳以下の方でまだワーホリを使っていない方はワーホリビザがあれば働けるので大いに活用すべし!30歳以上の方は、就労ビザがないと働くことはできませんが保育ボランティアで同様の経験を得ることはで きま す。
 
どちらにしろアシスタントの資格はあくまでアシスタントで、正規の保育士ではないので、長期就労を 考えていらっしゃる方は1年以上学校に通い、正規の保育士免許を取る方がいいと思います。私は30歳超えており、ワーホリが使えないため、地道に公立の大学で2年間勉強し、ポストグラジュエートビザでの就労を目指しています!でも今後はSubstituteの先生として、時間が許せば不定期で働きたいなと思っております。来年からは実習も始まるし、なかなか働く時間を確保できるかは不明ですが、めいっぱい学生のうちに経験できるだけ経験しておきたいと思います!

この記事を書いた人

may

カナダ・バンクーバー近郊にある公立大学Capilano Universityで保育を勉強。日本では広告業界で働いていたので保育関連の知識や経験はゼロでしたが、卒業後無事フルタイムの保育士として現地の保育園に就職しました。移住を目標にカナダへ来たので、次の目標は永住権取得。ビザや永住権に関するトピックにも触れながらカナダの保育についての生の情報をお届けします!


ホイクペディアからの告知です

最短4ヶ月で取得可能!保育士アシスタントの資格を取りました!」 に1件のコメント

  1. さやか より:

    保育士アシスタントを取得→500時間以上働いて、ECEの資格を取得→そのままカナダで移住ができるのですか?

コメントを残す