hoikupedia-logo

Save it for you

告知
日本の保育士資格を書き換えてカナダで保育士をしてみませんか?詳細はこちらから!

こんにちは。ボランティア3週目を迎えたHitomiです。今回のボランティアで聞いた英語表現を紹介したいと思います。

○○ will save it for you.

「○○ちゃんが預かっておいてくれるよ」

お昼寝明け、トイレに行かずにBちゃんと遊んでいたAちゃん。 Aちゃんをトイレに行こうと誘っていた先生。でも、Aちゃんはまだ遊びたくてなかなか動きません。なぜなら、その遊びを途中でやめてトイレに行っている間にもしかしたら、誰かに使っているおもちゃをとられてしまうかもしれないと思っているからです。そんな子Aちゃんに向かって先生が「○○(Bちゃんの名前) will save it for you.」と、言っていました。それを聞いたAちゃんは納得し、安心してトイレに行っていました。

この出来事は日本で保育士をしていた時よくありました。そのたびに一緒にいた子に「これ、○○ちゃんのために預かっておいてくれる?」と言っていました。この英語はよく使うフレーズだな~と思い、勉強になりました。

この記事を書いた人
2014年以前に投稿頂いた記事は「過去のボランティアさん」の記事としてアーカイブさせていただいています。
この記事を読んだあなたにおススメ
子どもたちが大好き!!サークルタイムで使える歌を紹介しますVol.3-日本でも馴染みのある歌編その1‐
子どもたちが大好き!!サークルタイムで使える歌を紹介しますVol.3-日本でも馴染みのあ…
May 23 2018
カナダ永住権って魅力的!?日本人保育士がカナダ永住権を目指すワケ
カナダ永住権って魅力的!?日本人保育士がカナダ永住権を目指すワケ
February 24 2019
春のアート
春のアート
March 18 2015
海外(カナダ)の保育園でボランティア体験
海外(カナダ)の保育園でボランティア体験
October 22 2015