カナダの保育士に必須のFirst Aid Training | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

カナダの保育士に必須のFirst Aid Training

Chloe

この記事を書いた人 Chloe
2015.09.15

【告知】

Now Loading...


今日は、カナダの保育所で働くために必要な資格の中で保育士ライセンスの次に大事なFirst Aidについてお話しようと思います!

 

First Aid

First aidとは簡単に説明すると、応急処置の仕方を学んで、必要なスキルと知識を身につけると貰える資格です。この資格取得コースを提供している機関はいろいろありますが、代表的なところでいうとみなさんご存知Red Cross (赤十字)です。

 

この資格は、カナダの保育所で働くためには絶対に必須の資格です。この資格がないと保育士資格があっても雇ってもらえません。ただし、このFirst Aidトレーニングには色んな種類があって、自分の住む州、働く保育所の取り決めに沿って正しいコースを受講して、正しい資格を取らないといけません。

 

ちなみに、トロントの保育士に最低限必要とされているFirst AidトレーニングのレベルはStandard First Aid CPR level Cで、バンクーバーではEmergency Childcare First Aid CPR level Bです。

 

この2つのコースレベルの違いはコースの長さと学ぶ内容です。

 

トロントの保育士に最低限必要とされているStandard First Aid CPR level Cはトータルで16時間(丸2日)のコースで、配布されるテキストブックのすべてのチャプター(全16チャプター)をカバーし、さらにより多くの時間をマネキンや、実際のファーストエイドキット、AEDを使っての実践練習にも使います。そして、乳児から大人まで、全ての年齢層の全ての応急処置法を学びます。

 

バンクーバーで必要とされているEmergency Childcare First Aid CPR level Bでは、トータル8時間(丸1日)のコースで、配布される半分のチャプターのみカバーし、比較的マイナーなけがや病気などの対処法は飛ばしていきます。時間が短いだけあって、実践に割かれる時間も短めですが、トロントのコースと同じようにマネキンや、実際のファーストエイドキット、AEDを使っての練習も行います。そして、全ての年齢層の応急処置法を学びます。

 

つまり、バンクーバーで求められているファーストエイドレベルの次のレベルがトロントで求められているファーストエイドレベルなので、バンクーバーに住んでいてもStandard First Aid CPR level Cの資格を取得しても全然問題ありません。

 

補足ですが、大学で実習をする際に、バンクーバー(BC州)ではこの資格の取得は求められませんでしたが、トロント(オンタリオ州)では実習の時からこの資格の取得を求められます。ですが、学校や学年によって違ってくる場合もあるので全ての学校で共通するかどうかはわかりません。。。

 

実は私、先週末にこの赤十字のファーストエイドトレーニングを受けてきました。
20150822_131821

こちらがトレーニングで使用する基本3セット。テキストブック、そして手袋に、CPR(心肺蘇生)で必要な簡易マスクです。

 

コース中は、小さな怪我から大きな怪我の対処法、喉にモノをつまらせた時、心臓発作などの症状やアナフィラキシーショックの対処法、さらに心肺蘇生方法やAEDの使用方法など、日常生活で起こりうるすべての緊急事態の対処法を実践を交えながら学んでいきました。

 

20150823_165345

こちらはビンゴシートで、ビンゴを使って毒の対処法を学びました☆こんな風にゲームを使って学んだり、劇をしたりして学んだりもします。

 

先生たちはとってもユーモアがあって面白かったので、憂鬱だった週末二日間のトレーニングもあっという間に終わって、無事に最後のテストもパスして3年間有効のファーストエイダーとしての資格をゲットしました☆

 

IMG_20150825_012040

 

上のカードは、バンクーバーにいる時に取った資格で、下のカードがトロントで取った資格のカードです。

 

お気づきの通り、この資格の有効期限は3年なので、3年ごとにトレーニングをまた受けないと、資格を失効してしまいます。ただし、働く保育所や幼稚園によって、3年毎ではなく、職場に赤十字のスタッフを呼んで毎年トレーニングを行うところもあります。 3年経つ頃には大体のことを忘れてしまっているので毎年トレーニングをしてくれるのは正直ありがたい!

 

私が調べたところによると、この資格は日本の保育所や幼稚園で働く場合には「必須」ではなく、「推奨」らしいのですが、日本でも必須になればいいのになーと個人的に思います。(推奨といえども職場でトレーニングしたりするのかな?どーでしょうか?)

 

子供と働いているといろんなアクシデントが毎日と言っていいほど起こるし、死に関わる事故も起きうるので、そんな時に備えた対処法を学ぶこのファーストエイドはとーーってもとーっても役に立つと思います!たとえ子供と関わる仕事をしていなくても、日常生活で役立つ情報盛り沢山なのでぜひぜひ日本にももっと浸透してほしい!みなさんも気になる方はぜひ1日コースからでも受けてみて下さい☆

 

それでは今日はこのへんで!

 

この記事を書いた人

Chloe

バンクーバーアイランドにある州立大学のECEプログラム卒業後、ECEフルライセンスを取得し、Infant and Toddler Daycare、Junior Kindergarten等様々な保育施設で保育士として働く。永住権を取得し、保育士経験6年目となった2014年に心機一転、トロントに渡り、幼児教育のBA(学士号)取得を目指し州立大学3年次に編入。現在、大学生と保育士の2足のわらじをはいて毎日奮闘中!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す