hoikupedia-logo

カナダの誕生日会

告知
日本の保育士資格を書き換えてカナダで保育士をしてみませんか?詳細はこちらから!
公開日:
最終更新日:

こんにちは、マユミです。

 

先週金曜日は2歳になるToddlerの誕生日会を開きました。

と言っても、こじんまりした会で、Nap(お昼寝タイム)が終わったあとに、

みんなで普段のおやつ(クラッカー、チーズ、茹でたブロッコリー)を食べてから、

♪Happy Birthday♪を歌い、Birthday Childが持参した、主な原料がフルーツのPopsicleをみんなで食べました。

スタッフ手作りの王冠をかぶって、みんなに「Happy Birthday!!」と言ってもらった子は、恥ずかしそうに、でもとっても嬉しそうでした。

 

カナダでは、周りの人が何かを振る舞って誕生日を祝ってあげるのではなく、

基本、誕生日を迎える本人が学校や職場にケーキなどを持ってきて、誕生日を祝ってもらう、というスタイルなんです。

 

 

でも、ここは移民の国。

いろんな文化があるので、私が今まで働いてきたセンターでは、家族が何も持ってこなければ、マフィンやライスクリスピースクウェアを作っていました。

 

 

ところで、今私が働いているセンターは、割りとヘルシー志向。

なので、誕生日を迎える子供の親には、何かを持ってくるのであれば、ヘルシーチョイスをお願いします、と前もってリクエストします。

 

 

でも、今まで見てきたセンターの中には、誕生日会、スペシャルデーなんだから、何でもあり!というところも。

着色料たっぷり効いたアイシングが、これでもかっ!というくらいかかったカップケーキや、チョコレートもりもりなアイスクリームケーキ。

 

その後の子どもたちのテンションMAXになるのは、言うまでもありません。

外でエネルギー発散してこーーーい!と外にあっという間に、子供たちを送り出していました。

 

 

この記事を書いた人
日本の大学で文学部を卒業後、幼児英語教師を目指しバンクーバーへ留学し、MTIコミュニティーカレッジでECEを学んだ後、ナニーとして働きました。現在はInfant&Toddlerセンターで保育士として働く一児の母でもあります。
この記事を読んだあなたにおススメ
【動画で紹介】子供たちに聞かせたい手遊びを交えたお話
【動画で紹介】子供たちに聞かせたい手遊びを交えたお話
November 09 2015
日本の”地毛が茶髪の高校生の訴え”に、カナダで働く教育者として思うこと
日本の”地毛が茶髪の高校生の訴え”に、カナダで働く教育者として思うこと
October 30 2017
海外保育ボランティアで発見!子供たちの喧嘩の際の先生の対応について
海外保育ボランティアで発見!子供たちの喧嘩の際の先生の対応について
June 10 2014
保育士を目指す学生のための奨学金について最新情報
保育士を目指す学生のための奨学金について最新情報
October 10 2019