プレゼントにピッタリ!簡単にできるスノーシェイクボール | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

プレゼントにピッタリ!簡単にできるスノーシェイクボール

Tomoka

この記事を書いた人 Tomoka
2018.12.10

【告知】

Now Loading...


皆さん、こんにちは。カナダの日本人保育士Tomokaです。

今回はクリスマスシーズン前ということで、クリスマスプレゼントにぴったりのスノーシェイクボールをご紹介いたします。ちなみに、英語ではSnow Globesというみたいです。

「スノーシェイク」の画像検索結果

こういうやつですね。振るとキラキラしたグリッターが舞うやつです。綺麗ですよね。

こちらでは、デイケアによっては保護者の方たちにもプレゼントを贈ったりします。日本では馴染みがないのかもしれませんが、こちらはお子さんがいるママ友さんにも手作りプレゼントとして喜ばれるのではないでしょうか。

 

スノーシェイクボールを作ってみよう

材料

  • ビン
  • 写真 ※ラミネートしたもの
  • 飾り物
  • グルーガン(日本ではホットボンドと言いますね。)
  • グリッター
  • ベビーオイルか水 ※オススメはベビーオイル

 

作り方

私はこちらのyou tubeの動画を参考に作りました。とっても簡単!

1.蓋にグルーガンで写真を貼り付ける。

2.写真を支えるために、写真の後ろに柱となる飾りを貼り付ける。

3.写真や飾りの下にビーズなどを貼り付ける。

4.瓶にグリッターとベビーオイル又は水を入れて蓋をする。

 

本当は私の作ったものを投稿したかったのですが、さすがに子どもたちの写真は載せられないので、文章とYou Tube動画でゆるしてください(笑)。写真はプリンターでプリントアウトしてラミネートしたもの、写真屋さんでサイズ調整して現像しラミネートしたもの、どちらでも大丈夫です。ビンの大きさを確認してから、写真のサイズを調整してください。

 

まとめ

こちらは、蓋の部分は保育士が作るのですが、グリッターの色を子どもたちに選ばせて入れさせたりとかできますので、子どもたちと共同で作ることができます。カナダでは保護者にプレゼントを贈ろうと考えているデイケアもあるはず。もし、何を贈ろうか迷われているのなら、こちらの手作りスノーシェイクボールはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Tomoka

日本では小学校教諭8年。ずっと子どもたちと関わる仕事をしています。COSカナダ留学サポートデスクとの出会いはホイクペディアで活躍している海外保育士さんのブログがきっかけ。持ち前の決断力と行動力で小学校教諭を退職してからの30代でバンクーバーに留学。保育士免許書き換えと現地のカレッジ履修を通してBC州の保育士免許を取得。ホイクペディアの他自身のサイト「カナダで保育士奮闘中」も運営中。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す