免許書き換え申請をしてみたけど免許を取得できなかった!そうなった場合の救済措置ってあるの!?

Tomoka

この記事を書いた人 Tomoka
2018.03.23

【告知】

Now Loading...


こんにちは。カナダで保育士奮闘中のTomokaです。これまで学生さんで免許書き換え申請した後に、カナダで保育士として働いてみたい人向けに免許書き換えについての記事を書いてきました。第一弾はこちら→これからカナダで保育士として働いてみたい大学生の皆さんへ。免許書き換えについての情報をシェアします。第二弾はこちら→日本の幼稚園教諭免許状や保育士資格をカナダの保育士免許に書き換えて、卒業後はカナダで保育士になりたい!でも、一体どうしたらいい?

第一弾の記事で、日本の幼稚園教諭免許状や保育士資格をカナダBC州の保育士資格(ECEベーシック)に免許書き換え申請をして、全員が免許書き換えできるわけではないという話をしました。完全に免許書き換えができるのが6~7割、10人が免許書き換え申請をしたら3~4人が何らかの単位が不足していて免許書き換えができていないというのが現状です。

 

では、免許書き換えできなかったら、それで諦めなきゃいけないのか!?

 

いやいや、諦めるにはまだ早い!!他にもやり方はあります!

今日は今からそのお話をしていきます。

 

自分の免許が書き換えられるか不安!!もしダメだったらどうしたらいいの?

COSでは、保育士資格書き換えの申請を始める前に、免許書き換えが可能かどうか判断するため無料査定を行っています。査定結果をもとに、免許書き換えを実現するためのカウンセリングを行っています。なので、その時点でもあなたが取得された免許がカナダの保育士資格に書き換えが可能であるかどうかはある程度わかると思います。

 

しかし、もしダメだった時のことも頭には入れておいた方がいいです。実際に私も完全に書き換えができなかったんです。そこでどうしたかというと、同時期にカナダに来た日本人は私も含めて、免許書き換えの結果を待っている間は学校へ通っていた人が非常に多かったです。そして、私は結果が届いたら実習の単位だけ取りに違う学校へ編入し、免許取得に至りました。なので、ダメだった時のことも考えて、学校へ通う選択肢も用意した方がいいと思います。

 

実際に通える学校や学費について知りたい!

こちらのページに保育が学べる学校一覧が書いてあるのですが、今からご紹介するのはこちらの学校ではありません。実は以前まで留学生に人気だったMTI Community Collegeは免許書き換えの結果で足りない単位だけを補うということができたのですが、MTIが閉鎖してしまった今、そのように足らない単位を補わせてくれる学校がありません。ただ、私も実習の単位だけを取りにある学校に問い合わせて、そちらに行きました。それが、バンクーバーの隣の市リッチモンドにあるCapital College。こちらでは足らない単位だけというのが今現在難しそうなのですが、実習や他の単位などを組み合わせて学費$7000(約70万)で1年未満で通わせてくれるそうです。なので、免許書き換えの結果、例え書き換えができなかったとしても、問い合わせが必要ですが、Capital Collegeでおそらくは助けてくれると思うので、そちらに通って免許取得してからワーキングホリデーなどで働くというのも十分可能性があるのです。

ちなみに、このCapital Collegeに私がいた当時は日本人が全くいなくて中国人ばかりだったのですが、みんな凄く親切で、親身になって相談にのってくれたので、凄く居心地が良かった印象です。ただ、つい最近顔を出しに行きましたらお世話になった先生がもういらっしゃらなかったのが個人的に寂しく感じました。

 

必ず道は開ける!可能性を模索し続けよう!!

日本で学んだことを、カナダで活用できるって本当に素晴らしい経験です。色々なことを試して、あれもダメこれもダメってなることも時にはあると思います。私も今は就労ビザで働くまでに至っていますが、それまでは本当に大変なことがたくさんありました。カレッジ潰れたとかね、実習先自分で全部見つけなきゃいけなかったりとか、就職活動とか、ビザ来なーい!!とか(笑)。それでも何とかなったのは、自分からどんどん動いたのが良かったんだと思います。動いたら動いただけ、必ず何かしらの結果は返ってきます。たとえ、それが自分の望んだ結果でなかったとしても、行動しまくった自分に対して後悔するということはないと思います。

 

今回までの免許書き換えについては主に学生さんに向けて書いてきたのですが、学生さんはまだまだ可能性がいっぱいあるので、自分の可能性を信じてどんどん動いていってもらったらいいと思います。また、学校を卒業した社会人の皆さんや私と同じ30代の皆さん、まだまだ可能性はあります。少なくとも私はそう信じてここまで来たし、これからもそう信じてがんばっていくつもりです。どんどん動いていきましょう。動いた結果は必ずいい結果に繋がると私は信じています。

この記事を書いた人

Tomoka

日本では小学校教諭を8年。子どもたちと関わる仕事をずっとしています。COSカナダ留学サポートデスクとの出会いはホイクペディアで活躍している海外保育士さんのブログが始まりでした。一度は海外で生活してみたいという夢に火が付き、意を決して小学校教諭を退職してバンクーバーに留学。COSの保育士免許書き換えサービスと現地のカレッジでの履修を通して、BC州の保育士免許を取得。30代で人生最大のチャレンジ。むしろ毎日がチャレンジの連続という破天荒ぶり。ブログを通して皆さんに勇気と笑いを届けていこうと思います。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す