海外保育士就職への近道!保育アシスタント資格で"臨時教員" | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

海外保育士就職への近道!保育アシスタント資格で”臨時教員”

may

この記事を書いた人 may
2016.04.27

【告知】

Now Loading...


皆さんこんにちは、カナダで保育の勉強をしているmayです。
先日、ようやく実習が終わったという記事をアップしましたが、その後、同じ保育園で”臨時教員”として働き始めました!

”臨時教員”とは?

保育士さんが病気になった時や休暇を取りたい時に代わりに働く保育士のこと。英語ではOn-call, substitute(通称sub), casualなどと表現されます。

どういう仕組み?

まずは臨時職員の募集を探し、応募。面接のち採用という流れは通常の就職と同じですが、臨時職員は採用されると”リスト”(サブリストとも呼ばれます)と呼ばれるものに名前と電話番号が載ります。正規で働いている保育士さんは病気になった時や休暇を取りたい時に、そのリストに載っている臨時教員に連絡をするという仕組みです。保育士1人が見ることができるの子供の人数が決まっているので、代わりを探してからでないと正規の保育士さんは休みをとることができません。そのためサブリストには常に複数の臨時教員の連絡先が載っている必要があります。

臨時職員として働くのに必要なものは?

BC州の場合、保育士アシスタント資格、Criminal record check(無犯罪証明書)、First Aid(応急処置)、Doctor’s note(医師の診断書)、References(推薦者)などが一般的には求められます。(保育園によって詳細は異なります)
Referencesとは、「○○はこういう人ですよ」というように人柄や仕事ぶりを証明してくれる人のこと。どんな人かわからない人を採用するのは保育園としてもリスクが高いため、こういったReferencesを要求してくるところは多いです。(保育士以外の就職やアパートを借りるときにも必要だったりしてきます)
カナダでの保育士経験がない方は臨時教員に応募する前に、保育ボランティアなどで保育士としての経験を積み、そのボランティア先の先生にReferencesをお願いしたりすると採用されやすいと思います。

お給料はどのくらい?

時給13〜15ドルというところが平均的かなと思います。ちなみに飲食店などですと時給10〜12ドルというところも多いので、専門職である保育士はアシスタントでも少し給料が高いのがわかります。(もちろんチップはないので飲食店と一律には比較できませんが)

どのくらいの頻度で働ける?

いくつ保育園のサブリストに載ったかにもよりますが、登録を単純に増やせばフルタイム並の就労も可能との噂。大きい組織だと本社のリスト1つに載ることができれば複数の保育園から仕事を受けることも可能ですが、基本的には園が変わればその都度面接を受けて登録してもらうことになります。
例えば、ホイクペディア保育園という園がA,B,Cというロケーションで3つの保育園を経営しているとします。ホイクペディア保育園のサブリストに載ることができれば、Aの場所にある保育園の先生が病気になったときでも、Bの場所にある保育園の先生が休暇を取りたい時にもどちらも私に電話をかけてきてくれる、という仕組みです。(そうでない保育園もあるかもしれませんが一般的にはこういった仕組みです)ですが例えばホイクペディア保育園でのお仕事がそんなになかった場合、may保育園という個人の保育園にも応募をして面接を受けることができます。そこでもサブリストに載った場合、さらに保育士として働ける確率は上がるというわけ。なので「明日働けますか?」と2つ以上の保育園から電話がかかってくることも。その場合は、「ごめんなさい、他の保育園でのお電話をすでに受けてしまったので」と言ってしまえばOKです。
病気になった保育士さんの代わりだと前日に電話がくることが多いですが、夏休みを取りたい保育士さんの代わりだと、前もって、「○○から□□の4週間、サブで入ってもらうことってできる?」というように電話がかかってくることも。
また、名前がリストに載ったからといってすぐに電話がたくさんかかってくるわけではありません。今まで来てくれたことのある臨時教員の方が、保育園としても一から教える必要もなければ子供の名前をすべて教える必要もないため、まずは来てくれたことのある先生から電話をするはずです。(もちろん仕事の出来とかも関わってくると思います)ここからは個人の力量次第。一生懸命仕事をがんばれば、「またお願いね」ということになるでしょうし、働きが足りなければ残念ながら電話がかかってくることは少なくなるかもしれません。

私はすでに実習をしていた保育園で2度ほど声をかけてもらって働いたのですが、子どもたちの中には「!! may-!!」と言ってハグしにきてくれた子や、「なんで前最後って言ってたのに今日来てるの?」と困惑気味な子も。(笑) でも今までずっとお世話になった保育園で、学生ではなく保育士として、しかもお金をいただいて働けるというのは幸せこの上ないなと思ったのでした。

というわけで、ワーホリでカナダに渡航される方も、いきなり正社員として保育士の仕事をするのは無理でも、まずは臨時教員から始めるのは一つの手。色々な園に行くことによって人のつながりもでき、正社員としての就職先を探すのも有利になってきます。

例えば:
カレッジに4ヶ月通い保育士アシスタントの免許取得ワーホリで保育士として就労

日本の保育士免許を渡航前に書き換え語学学校で英語力を上げ保育ボランティアで少し経験をつんだあと就職先を探しワーホリで保育士として就労

などというプランを立てると、海外で保育士という経験がつめると思います。

英語を使って毎日子どもたちとおしゃべりし、のびのびと保育士としての仕事ができるのはとても楽しいしやりがいがあるので、そんな経験してみたいという方はぜひトライしてみてくださいね!

関連ページ:

保育アシスタントの資格の記事「最短4ヶ月で取得可能!保育士アシスタントの資格を取りました!
保育ボランティアについて「保育ボランティア | COSカナダ留学サポートデスク
保育士免許書き換えについて「保育士免許の書き換えサービスについて | COSカナダ留学サポートデスク

この記事を書いた人

may

カナダ・バンクーバー近郊にある公立大学Capilano Universityで保育を勉強。日本では広告業界で働いていたので保育関連の知識や経験はゼロでしたが、卒業後無事フルタイムの保育士として現地の保育園に就職しました。移住を目標にカナダへ来たので、次の目標は永住権取得。ビザや永住権に関するトピックにも触れながらカナダの保育についての生の情報をお届けします!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す