海外で保育ボランティアの経験を積む!喜怒哀楽アクティビティで築く人間関係の基礎!

Akiko

この記事を書いた人 Akiko
2015.02.19

【告知】

Now Loading...


こんにちは!海外での保育ボランティアをしているAkikoです。

子どもたちは日々の集団活動の中で人間関係の基礎を築いていきますが、具体的にはどの様な事を学んでいるのでしょう??

ある日のサークル活動の様子です。

20150126_191027696_iOS

↑こちらのカードを使ってのゲームです。

最初に大人は小さい方の紙に、様々な感情について子どもたちと会話をしながら言葉と一致した表情の顔を描いていきます。

そして大きい方の紙に会話の内容を確認しながら同じように顔を描いていき、言葉も書きます。

「What kind of face is it?」

「Yes,it’s happy face!!」

   「It’s scary face!」

など、表情豊かに話をしていて、子どもたちはとても興味を持って聞いていました^-^

そして大きい方の紙を部屋の四方の壁に貼りつけ、ゲームスタートです!

20150127_055408000_iOS

音楽が鳴ったらダンスをし、止まったら大人が見せるカードと同じ表情の壁に集まります。身体を動かしながらの進めていくので、子どもたちは最後まで楽しく参加していました!!

人間関係を築く中で、自分や周りの人の感情を知ることはとても大切なことだと思います。感情を知ることで、相手の気持ちがわかり共感することができます。普段生活の中ではもちろんのこと、こうした遊びを通して知らせる事も出来るんだと勉強になりました!!

この記事を書いた人

Akiko

日本で、11年間保育士として働いていました。自分自身の成長のためにと、ワーキングホリデーでカナダに来ました。子どもたちとの関わりを通して、保育士としての経験を活かすと共に、カナダの保育について学びたいと思います!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す