Save it for you | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

Save it for you

過去のボランティアさん

この記事を書いた人 過去のボランティアさん
2014.04.23

【告知】

Now Loading...


こんにちは。ボランティア3週目を迎えたHitomiです。今回のボランティアで聞いた英語表現を紹介したいと思います。

○○ will save it for you.

「○○ちゃんが預かっておいてくれるよ」

お昼寝明け、トイレに行かずにBちゃんと遊んでいたAちゃん。 Aちゃんをトイレに行こうと誘っていた先生。でも、Aちゃんはまだ遊びたくてなかなか動きません。なぜなら、その遊びを途中でやめてトイレに行っている間にもしかしたら、誰かに使っているおもちゃをとられてしまうかもしれないと思っているからです。そんな子Aちゃんに向かって先生が「○○(Bちゃんの名前) will save it for you.」と、言っていました。それを聞いたAちゃんは納得し、安心してトイレに行っていました。

この出来事は日本で保育士をしていた時よくありました。そのたびに一緒にいた子に「これ、○○ちゃんのために預かっておいてくれる?」と言っていました。この英語はよく使うフレーズだな~と思い、勉強になりました。

この記事を書いた人

過去のボランティアさん

2014年以前に投稿頂いた記事は「過去のボランティアさん」の記事としてアーカイブさせていただいています。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す