海外の保育園でのランチをレポート!!

Kana

この記事を書いた人 Kana
2016.04.25

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは。

バンクーバーのデイケアでボランティアをしているKanaです!

わたしは今回のボランティア以外でも過去に幾つかのデイケアに見学やボランティアに行った経験があるのですが、どこの園にも共通していた日本の保育園との環境の違いがあります。

 

それは・・・・保育室にキッチンがあること!なんです☆

そしてランチやスナックも日本とは少し違います。

 

日本では多くの保育園や幼稚園で給食がある場合は給食室があって、調理師さんが給食を作ったり食器の片付けをするというのが多いとおもいます。

Image courtesy of stockimages at FreeDigitalPhotos.net

カナダでは・・・
カナダでもお弁当持参の保育園もたくさんあるようですが、私が今まで行ったところは保育士がランチを作っていました!

 

1クラスに1人担任制の日本に比べ、1クラスに複数(私の今まで行ったところは最低3人はいました)の保育士がいるカナダのデイケアだからこそのスタイルだなとおもいます。

 

そして今日のランチは

・サーモンのソテー

・ご飯(ミックスベジタブルの混ざったもの)

・トマトスープ

・フルーツ(洋ナシ、バナナ)

 

毎日違ったものがバランス良く作られています。

ランチの他に朝とナップタイム(お昼寝)のあとにスナックもあります!

 

来週はどんな1日になるか楽しみです♪

 

この記事を書いた人

Kana

高校生から幼児教育や福祉の学科に通い、大学で保育士免許を取得。2014年に短期留学で訪れたバンクーバーで生の海外保育に魅了され、大学卒業後ワーキングホリデーでバンクーバーに再びやってきました!現在は洋服屋さんで働きながらボランティアに参加しています。デイケアでのボランティアを通して日本とは一味違ったカナダの保育を自分の目で見て体験していきたいです。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す