7月1日はHappy Canada Day!!カナダ人じゃないけどカナダデーについて子どもたちに話してみました。

Tomoka

この記事を書いた人 Tomoka
2018.06.30

【告知】

Now Loading...


Happy Canada Day!! 7月1日は私Tomokaが保育士していますカナダのお誕生日なんです。カナダデーは、カナダが一つの連邦として自治を開始した1867年7月1日を記念し祝日に制定されました。なので今年で151歳!!カナダの建国記念日ですね。国としては若い、、、いや若すぎる。

毎年7月1日に制定されておりまして、国民の祝日の1つになっています。ちなみに今年の7月1日は日曜日なので、月曜日が振り替え休日になります。ロングウィークエンドでわっほい!!なわけです(笑)。

 

カナダデーってただの建国記念日でしょ!?何もしないでしょ?

ところがどっこい!カナダデーには、カナダ各地で盛大なイベントが開催されます。日本だと建国記念日には何もイベントをしないと思いますが、カナダは各地で催しが行われます。大きな花火が上がって、たくさんのアクティビティがダウンタウンでも行われます。イベントではカナダのナショナルカラー「赤」と「白」を身にまとっている方もよく見かけます。

カナダデーが近くなってくると、こんな感じでお店にカナダデー用の服(そして、なかなか派手!)や

カナダの国旗をデザインされたグッズがずらーっと店頭に並びます。これはお土産屋さんではなく、カナダの100均での様子。普通に現地の人が買われていたりします。

ちなみに私も昨年のダウンタウンでのパレードに踊り子で出た時は、浴衣を着てカナダ国旗を背中の帯に刺して、皆さんと一緒にカナダのお誕生日をお祝いしました。

 

日本だと、日本の国旗デザインの服なんて着ていると、日本の国旗(そして国歌)については物凄く複雑な事情や深い歴史が絡み合っていて好奇の目で見られてしまいそうですが、カナダの人はあえてカナダの国旗デザインのもの(ピンバッジとか)を堂々と着けてたりします。街中カナダの国旗が溢れていて、それはお店だけでなく、個人のお宅だったり、車やバイクにまで、国旗がひらひらしています。国旗に対するイメージがあまりにも違うので驚きです。日本じゃこんな日の丸だらけの光景、まず見ないですよね。そして、知らない人同士でもHappy Canada Day!って言い合ったりもしていて、みんなでカナダのお誕生日を楽しそうにお祝いしている様子が見られます。

 

もちろんデイケアでもカナダデーのアクティビティをしてきました

そんな国民的行事の一環になっているカナダデー。デイケアでその話題を無視するわけにはいかず、カナダに来て2年の私がカナダデーについて語るというようなことをしてきました。単純に「カナダという国が出来て151年なんだよー。だからみんなでお祝いしようね。」なんてことを言っただけで、深い話はさすがにできませんでしたが。

ということで、カナダデーはこちらの卒業シーズンである8月にも近いので、カナダの国歌である”O Canada”もデイケアでは歌われていたりします。デイケア近くの小学校でも卒業式の練習なのか、”O Canada”を体育館で歌っているのが聞こえてきました。

 

こちらに歌詞の動画を貼っておきます。カナダで保育士をすると必ず歌う場面に出くわすので、知っておいても損はないと思います。

O Canada! Our home and native land!

True patriot love in all thy sons* command

With glowing hearts we see thee rise

The true North strong and free!

From far and wide,

O Canada we stand on guard for thee

God keep our land glorious and free!

O Canada, we stand on guard for thee

O Canada, we stand on guard for thee

* “all thy sons”の部分の歌詞がいつからかわかりませんが変更することが決定したそうです。son=息子=男を指すので、女性にその部分を歌わせるのはおかしいだろうと議論になり、変更が決定されました。それもカナダならでは。

 

カナダの国旗をあしらったアクティビティはこちら。

真ん中は本当はメープルなんですが、メープルの葉がこの時期はないので、メープルに似た葉を拾ってきて、メープルの形に切るといいと思います。こちらはそのままでやってみた国旗。本当にカナダの国旗はこちらです。

少し似ているのですが、違うのがわかると思います。この時期に、このように葉を使った写し絵の国旗のアクティビティをしてみたいなって思ってくださった日本人保育士の方は、メープルの葉に似た葉ならこの時期拾うことができますので、いくつか拾って、メープルの葉の形に切ってからされるといいと思います。

 

まとめ

カナダに来たのが、今から約2年前。来て間もなくカナダデーのイベントを楽しんだ思い出があります。カナダ人だけではなく、移民してきたあちこちの国の人たちも一緒になって、国旗をあしらったグッズやCanada Tシャツを身に付けて街中でカナダのお誕生日をお祝いしていたのが、とても印象的でした。みんな、カナダが好きなんだなーって。自分の住んでいる国が好きって言えるのは、本当に素敵で素晴らしいことですよね。

何でもかんでも日本と比べるのは、それぞれの良さを壊してしまうかもしれないのであまり言うべきではないと思うのですが、日本で建国記念日で日本の国旗をあしらったグッズや国旗Tシャツを身に付けている人はまずいないですよね。もしいたとしても、あまりいい印象がなかったりもしますよね。日本とカナダの国旗や国歌に対する考え方があまりにも違うので、驚くと同時に疑問に思ったりします。ただ、これからカナダに住もうと日本に住もうと、はたまた違う国に住もうとも、自分の住んでいる場所が大好きって言えるようになりたいと思います。

この記事を書いた人

Tomoka

日本では小学校教諭を8年。子どもたちと関わる仕事をずっとしています。COSカナダ留学サポートデスクとの出会いはホイクペディアで活躍している海外保育士さんのブログが始まりでした。一度は海外で生活してみたいという夢に火が付き、意を決して小学校教諭を退職してバンクーバーに留学。COSの保育士免許書き換えサービスと現地のカレッジでの履修を通して、BC州の保育士免許を取得。30代で人生最大のチャレンジ。むしろ毎日がチャレンジの連続という破天荒ぶり。ブログを通して皆さんに勇気と笑いを届けていこうと思います。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す