カナダのデイケアでバレンタインデー。バレンタインデーに行われたイベントをご紹介します。

Tomoka

この記事を書いた人 Tomoka
2018.02.19

【告知】

Now Loading...


こんにちは。カナダで保育士しているTomokaです。先日はバレンタインデーでしたね。こちらのバレンタインデーは、なんと!雪でした(笑)。その前日まではもう春だと思わせるようなぽかぽか陽気で、雪が降るなんて想像していませんでした。先日スノーボードをしに近くの山まで行きましたが、人工スノーでしたからね(笑)。そんなホワイトバレンタインデーに行ったイベントの内容や、来年からのバレンタインデーに使えるアクティビティなどをご紹介いたします。

 

バレンタインデーに歌えるI Love You感満載な歌

Skidamarink

凄くわかりやすい歌なんですが、歌詞の意味はとにかく「あなたのことが好き!!」です(笑)。ちなみに、タイトルにもなってるSkidamarinkっていう単語の意味はありません(笑)。バレンタインデー以外にも父の日や母の日でも歌えそうな歌です。

 

Valentine’s Day Sharks

Baby Sharkっていう原曲があるんですが、この曲は色々なバージョンがあります。ハロウィン、クリスマス、そしてバレンタインデー。普段からBaby Sharkの歌を歌って踊っていたら、どんなアレンジでも何とでもなります。

 

バレンタインデーに作ろう!チョコレートマフィン

材料(レギュラーサイズ12個分)

  • 小麦粉 1と1/2カップ
  • ココアパウダー 1/2カップ
  • 砂糖 1/2
  • ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
  • ベーキングソーダ 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 牛乳 3/4カップ
  • 油 1/3カップ
  • 卵Lサイズ 1個

作り方

1、オーブンは400°Fに温めておく。°Fはカナダのオーブンで使われている温度です。大体200~210℃くらいです。

2、中ボールに粉類の材料:小麦粉、ココアパウダー、砂糖、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩を入れて混ぜる。

3、大ボールに残りの材料:卵、牛乳、油を入れて混ぜる。

4、大ボールに、3の中ボールの材料全て入れる。

5、マフィンカップに生地を2/3程入れる。

6、18~22分くらい焼く。

 

勤め先のデイケアではこのマフィンを食べずにお持ち帰りしました。イベントならではのクッキングアクティビティも楽しいですね。

 

バレンタインデーのアートアクティビティ

今回ご紹介するのは、シェービングクリームを使ったアートアクティビティ。シェービングクリームって実はかなり使えます。カナダに来てから、シェービングクリームとは男性が髭をそるものだと思っていましたが、アートにも使えるものであると認識しました(笑)。

Shaving Cream Heart Art

材料と作り方は、こちらの動画がわかりやすく、私もこれを見てやりましたのでシェアします。

凄く簡単で、手間もかからないのに、飾るととても可愛かったです。勤め先は玄関口の窓にペタペタ貼っていました。是非とも来年以降に実践してみてください。

 

バレンタインデーならではのハッピーサプライズ

バレンタインデー当日は、親御さんの協力のもと、子どもたちがお互いにバレンタインデーカードやお菓子を交換していました。私もちゃっかりもらいました(笑)。そういえば、他のデイケアにボランティアやパートしていた時もカードやお菓子の交換タイムというのがありました。一人ひとりが全員分用意していたんですよね。日本では学校にチョコレートを持ち込むのはダメってことになっていますが、こちらは交換するのが恒例行事なのかもしれないですね。愛情を形に表して伝えるバレンタインデーイベント、凄く素敵なイベントだなって思いました。

 

イベントをどんどん楽しもう

これからカナダは、St. Patrick DayやEasterなどのイベントが続きます。そういえば2月16~18日はChinese New Yearだったので、こちらもChinese New Yearならではのアートを作っていました。さすが多人種多文化の国・カナダ!色々ありです(笑)。これからもどんどん色んなアートアクティビティや歌、イベントなどをご紹介していきたいと思います。ということで、久々に現地の保育士らしい内容の記事をお送りいたしました~(笑)。

この記事を書いた人

Tomoka

日本では小学校教諭を8年。子どもたちと関わる仕事をずっとしています。COSカナダ留学サポートデスクとの出会いはホイクペディアで活躍している海外保育士さんのブログが始まりでした。一度は海外で生活してみたいという夢に火が付き、意を決して小学校教諭を退職してバンクーバーに留学。COSの保育士免許書き換えサービスと現地のカレッジでの履修を通して、BC州の保育士免許を取得。30代で人生最大のチャレンジ。むしろ毎日がチャレンジの連続という破天荒ぶり。ブログを通して皆さんに勇気と笑いを届けていこうと思います。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す