海外の保育ボランティア先には元気な子供達がいっぱい! | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

海外の保育ボランティア先には元気な子供達がいっぱい!

Mika

この記事を書いた人 Mika
2015.06.03

【告知】

Now Loading...


こんにちは保育ボランティアをしているMikaです。

 

緑が青々と茂り、昼間は毎日暑いバンクーバーです。

春を通り越して、いよいよ夏が近づいてきた感じがします。

 

 

とはいえ、子どもたちは季節関係なく元気いっぱいです。

でもあまりにはしゃぎ過ぎると色々な危険を伴います。

そんな時は以前にもお伝えしたように

Slow Down

させるのですが、

はしゃぎ過ぎる前に、ガス抜きをする意味で、こういった遊びをする日があります。

 

一人ひとりが楽器やリボンを持ち、音楽に合わせて踊ったり音を鳴らしたりしています。

もちろんこの時もはしゃぎ過ぎると危ないので、たまにピタッと音を止めて動きをストップさせたりします。

 

image

 

 

子どもたちもストレス発散!

思いっきりはしゃげるので、たまにはこんな遊び方も必要ですね。

 

 

 

ちなみに

“日本のだるまさんが転んだ”

”Gami Gami Bear”

と呼ばれていて、海外の子どもに大人気の遊びです。

 

 

ではでは、また次回~(^^)/

この記事を書いた人

Mika

日本では養護教諭として働き、現在ワーキングホリデーの期間を利用して保育園でのボランティア活動中。働きながらボランティア活動を2ヶ月実施したのちは、J-Shineの資格を取得予定。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す