海外の保育園で先生がよく使うフレーズ「One at the time」 | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

海外の保育園で先生がよく使うフレーズ「One at the time」

Yukari

この記事を書いた人 Yukari
2014.10.20

【告知】

Now Loading...


こんにちは、海外のデイケアで保育ボランティアを始めたYukariです☆

 

今日はよく先生が使う表現をご紹介します!

 

One at the time

 

「ひとつづつ」という意味の表現です!

 

子ども達はついつい

ティッシュを数枚取って使ってしまったり

絵本をいっぱい抱えてキープしたり

片づけをせずに次の物を出したり・・・

 

あれもこれもとたくさん使いたくなる事が多いのですが

そういう時は、おまじないのように“One at the time”と子どもと一緒に口ずさんで、

「ひとつづつ」の気持ちを定着させていっています。

 

この記事を書いた人

Yukari

みなさん、こんにちは。 日本で幼稚園教諭取得後、幼児~児童の英語講師として数年勤務し、その後はインターナショナルスクール(英語保育園)で働いていました。ボランティア経験で学んだ、カナダの保育についての考えやアクティビティなどをみなさんとシェアしていけたらと思います。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す