海外の保育をもっと日本へ伝えたい

~現役保育士の方、これから保育士を目指される方へ~

『カナダで保育士になる』という選択肢があります。

海外で保育士?

画像01

保育士は、需要が高く、子供の成長の手助けをするやりがいのある仕事ですが、実際の雇用環境は、給料が安い、仕事量が多い、労働時間が長いという過酷な状況であるのも現実です。
現在、保育士として活躍されている方はもちろん、これから保育士を目指される方に、是非知って頂きたい選択肢があります。 それは、カナダで保育士として働くこと。 海外就職というと、狭き門と思われるかもしれませんが、カナダでは日本同様保育士が不足しており、需要の高い職業です。子供が好きで、好きなことを仕事にしたいという思いを大切に、より働きやすい環境で自分らしく生活してみませんか?

どうやって海外へ?

画像02

海外なんて行ったことないし、英語も話せないしと、いきなり海外と言われても不安になるのは当たり前です。そういう方には、まず、語学留学 + 保育園でのボランティア体験をオススメします。 保育士経験のない方はもちろん、既に保育士の方にも、海外の保育園でボランティア体験をすることは、カナダの幼児教育を知る貴重な機会となり、日本との違いを肌で感じることが出来るチャンスです。日本では国際化がますます進んでいますし、英語力と海外での保育経験がある人材は、今後更に求められます。帰国した際は、インターナショナルプリスクールへの就職など、日本の保育現場でも大いに活かせるはずです。 ホイクペディアではデイケアでのボランティアとホームステイ、ワークショップなどがセットになった短期保育ボランティアパッケージをご用意しておりますので是非ご利用ください。
また、本格的にカナダで保育士を目指したい方には、幼児教育を学ぶ専門留学がオススメです。学校に約一年間通うことで、BC州の保育士免許(Basic ECE)を取得できます。卒業後にワーキングホリデービザ制度を利用することで、現地の保育園で就労経験を積むことができ、雇用先で就労ビザのサポートが受けられれば、永住権取得も夢ではありません。

新しい世界へ

画像03

国や文化、国籍の異なる子供たちやスタッフがいる現地の保育園では、毎日が新しいことの発見です。英語が流暢に話せなくても、チャレンジする勇気とやりたいという気持ちがあれば、親切なスタッフと子供たちの笑顔できっと乗り越えていただけます。 今まで慣れ親しんだ環境を変えるのは勇気がいるし、難しいと感じるのは当たり前です。でも、そこで一歩を踏み出せば、それだけの価値がきっとそこにはあります。ホイクペディアが、皆さんの新しい挑戦へのきっかけになれば、私たちはとても嬉しいです!

スタッフ・海外保育ボランティアさん紹介

ディでは海外で活動する現役の保育士さんや保育ボランティアさんの協力のもと、海外の保育に興味のあるみなさんに役立つ情報を日々発信しています♪
ホイクペディアを通じて、今までにたくさんの方が保育留学や海外での保育ボランティアに参加されています。
あなたも留学や海外保育ボランティアを通じて、海外の保育を覗いてみませんか?



海外保育ボランティアさんの一覧を見る→