カナダで保育士として働きたい!選考の方法やインタビューの質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
may

この記事を書いた人 may
2017.06.11

皆さんこんにちは。カナダで保育の大学を卒業したmayです。
卒業してから絶賛就職活動中ですが、
いくつか保育園での就職を目指して求人に応募し、選考が進みました。
 
今日はどういったかたちで選考が進むのか、
面接時にはどのようなことを聞かれるのかなどを
お伝えしていきたいと思います!

選考の進み方

まずは求人を出している保育園に、
カバーレターとレジュメ(履歴書)を送ります。
(カバーレターとレジュメについてはこちら
 
保育園からの連絡を待っていると、
面接に進む場合は連絡が来るかと思います。
まずは電話面接のこともありますし、
保育園で対面面接の場合もあります。
 
面接相手は保育園にもよりますが
1〜2人というのが一般的かと。
 
その後work interviewと呼ばれる
実際に保育士としてのどう子供との接するかを見るような
インタビューがある場合もあります。
 
私はこのwork interviewは未経験ですが、
1〜2時間保育園で実際の保育士のように過ごし、
サークルタイムを行ったりするなどということもあるようです。
 
だいたい1〜2回の面接が一般的のようです。
面接時にcriminal record checkの申請書の記入や
referenceの提出などが求められることもあります。
保育園側はReferenceに連絡し、
保育士として適切な人材だと認められたら
保育園はcriminal record checkの手続きをすすめます。
犯罪歴がないことが証明できたら晴れて採用。
 
スタート時期は園と応募者の相談によりますが
新学期からしか就職のチャンスがないわけではなく、
誰かが退職したら募集がかけられるという風なので
年中通して就職のチャンスはあります。
 
Substituteの保育士(臨時教員)で仕事を探す場合は、
もちろん園によりますが、比較的簡単で面接自体がほぼない場合も。
夏休みやクリスマスなどみんな休暇を取りたいので、
臨時といえどもほぼフルタイムで働ける場合も多いです。
 
サブも通年募集をしていることがほとんど。
サブで働いていたけど就職が他で決まったのでと退職していく人も多いし、
学生なので実習中は働けないという人もいるため、
保育園は常にサブは確保しておくことが多いです。
最初はシフトがあまり入れてもらえないかもしれないかもしれませんが、
一緒に働いてみて認めてもらえればシフトも増えますし、
他の園と掛け持ちしてフルタイムになるくらいまで働くという方法もあります。
 

面接で聞かれること

今まで対面の面接に行ったのは3回ですが、聞かれたことは、

「どのような資格を持っていますか?」
「早期教育(保育)という点において重要だと思う原理を3つ教えてください」
「あなたの強みと弱みを教えてください」
「子供Aさんがおもちゃをずっと占領したまま子供Bさんに譲ろうとしません。こういった場合どう対処しますか?」
「同僚と一緒に働いて行く上で重要だと思うことはなんですか?」
「先生Cさんが先生Dさんのやり方が気に入らないとあなたに言ってきました。どう対処しますか?」
「どうして私達の保育園はあなたを雇う必要があると思いますか?
「カリキュラムを考える際、あなたはどのようなカリキュラムを組みますか?」

などなど。
 
面接時間は30〜45分くらいなことが多く、このような質問を
メモを取りながら聞かれることが多かったです。
また、私の受けた面接のときは質問はあらかじめ決められていて、
「前職は何をしていたか」「どうして保育士になろうと思ったか」などということは聞かれず、
「あなたを私達のチームに引き入れたときどういったことが起こるか」
ということを聞かれることが多かったなと思います。
 
例えば「どうして私達の保育園はあなたを雇う必要があると思いますか?」
という質問は、”他の保育士にはないあなたの価値”を聞いています。
保育士経験が長いから色々な引き出しがあると答える人もいるでしょうし、
もしどこかの移民の子供が多い保育園なら、
その移民の喋る言語が話せるということは大きなメリットとなるでしょう。
私は広告代理店で制作職をしていたので、
クリエィティブな発想が得意で、必要があれば保育士として以外にも
パンフレットやウェブサイトの制作なども手伝うことができる、
と答えたりしていました。
 
私はカナダで2年間保育の勉強をしていたので、
面接時の質問に答えるときにそこまで困ることはありませんでしたが
日本の保育士免許を書き換えた方などは、
少しカナダの保育の指針などを読んでから挑んだほうがいいかもしれません。
(おすすめの資料はコチラ
 
もちろん保育園によって質問内容は異なりますし、
ファミリーデイケアなど規模の小さいところは
面接や選考の方法も違ってくるとは思います。
 
実習先からそのままオファーをもらって働く人もいますし、
まずは臨時教員として働きだしてからパートタイム、フルタイムと
ポジションが上がっていく場合もあります。
まずはサブで働いてカナダでの保育士の経験を積んでから
フルタイムやパートタイムを探すというのも大いに有効な方法だと思います。
 
いずれにしろ保育士の募集は多く、
求人自体が少ないことはありません。
園を選ばなければ就職先はたくさんあります。
人種差別もほとんどない業界なので、
英語力が仕事に支障のない程度あれば大丈夫。
 
日本人で保育士をしている人も多いので
興味のある方はぜひ前向きにチャレンジしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

may

カナダ・バンクーバー近郊にある公立大学Capilano Universityで保育を勉強。日本では広告業界で働いていたので保育関連の知識や経験はゼロでしたが、卒業後無事フルタイムの保育士として現地の保育園に就職しました。移住を目標にカナダへ来たので、次の目標は永住権取得。ビザや永住権に関するトピックにも触れながらカナダの保育についての生の情報をお届けします!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す