海外での保育ボランティアスタート!

Mika

この記事を書いた人 Mika
2015.04.15

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


みなさんはじめまして!

4月より海外の保育園でのボランティア活動を始めました

Mikaです。

 

ボランティアを通して体験した内容や、感じたことを中心にUPしていきますので

少しでも皆さんのお役にたてれば幸いです。

 

さて

私のボランティア先である保育園は

3-5歳の子どもたち約17人が通っています。

(お休みも多いので、実際に毎日いるのは15人程度です)
日常会話をするのさえ必死の状態で、

本当に子どもたちとコミュニケーションをとれるのかと、かなりドキドキしながら初日を迎えました。

 

 

実際に初めの二日間は、1日の流れ・仕事内容・子どもたちの名前などに慣れることで必死でした…。

でも3日目には
ようやく子どものことも分かってきて、これからどんどん楽しくなっていく予感がします。

 

 

子どもたちは毎日こんな感じで元気いっぱいに遊んでいます。

image

 

 

イースターが終わり、掲示物も新しくしました。

image

 

 

 

日本語で教育するのも難しいのに
英語を使ってどうやって教育に携わるのか…
わたしにとって、ボランティアをする上で最大の難点です。

英語を使いこなすのは本当に難しいですが、先生たちが本当によく使うこの簡単な言葉から始めることにしました。
Good job!!!

 

日本の保育園での勤務経験が無いので、比べられないのですが
私が感じた印象では、こちらの先生は

褒めて褒めて褒めます。

 

先生にGood job!と言われた子どもたちは、本当に嬉しそうです。

 

誰もが知ってる簡単なフレーズですが、教育現場になくてはならないフレーズですので、覚えておいて損はないと思います!!

この記事を書いた人

Mika

日本では養護教諭として働き、現在ワーキングホリデーの期間を利用して保育園でのボランティア活動中。働きながらボランティア活動を2ヶ月実施したのちは、J-Shineの資格を取得予定。


ホイクペディアからの告知です

海外での保育ボランティアスタート!」 に2件のコメント

  1. Yuko より:

    みかさん、こんにちは!

    記事を読ませていただきました。
    褒めることって、日本、海外問わず自尊感情を高める上で
    とても大切ですよね。

    実は、私もみかさんと同じく養護教諭です。
    数年前に、カナダのワーホリを経験しました。

    まさか、このブログで養護教諭の文字を見るとは思わなくて、
    つい嬉しくてコメントしました。

    素敵なワーホリライフを過ごして下さいね。

    また、ブログを覗かせていただきます。

  2. Mika Tarutani Mika Tarutani より:

    YUKOさん
    コメントありがとうございます!
    同じ職種の方にコメント頂き本当に嬉しいです。
    そうなんですよね、自尊感情を伸ばすことの大切さは分かっていたつもりなのですが、こちらにきてからは、より実践的な観点で学んでいます。
    また、私自身は保育園・小学校での勤務経験がなかったので、幼少期の教育の大切さをひしひしと感じている毎日です。
    今後も日本との教育法の違いや共通点などお伝えしていければと思っていますので、またのぞきにきてください♫

コメントを残す