海外保育ボランティアで学んだ子供が泣いたときの対処法

Aya

この記事を書いた人 Aya
2014.09.02

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは

海外保育ボランティア中のAyaです(*゚∀゚*)

先週は途中まですごく天気がよかったので

私のボランティアするデイケアでは

近くの公園へ遊びに行きました★

子供は繰り返しを好むと言いますが

日本もカナダも同じですね(^O^)

その子によってお気に入り♥の遊具・遊びがあって

違うことをしていても

結局同じところに戻ってくることが多いです(゚o゚;

ただ見てるだけなのもつまらないので

ちょっと一人の子にちょっかい出してみよう思い、

滑り台をし終えたところで

‘I’ve got you!!’と捕まえたら

それが気に入ったようで

‘Do it again!!!!!’

とせがまれ結局20回くらいやりました笑

子供の飽きなさ具合には驚くばかりです。。。(^_^;)

さて。

先週少しお話しましたが、

またデイケアでのしつけについて紹介したいと思います。

日本に比べてカナダでは

割と小さな時から自立を促すしつけをします。

気に入らなくて癇癪を起こしても

‘Stop crying. You are not a baby.’

と諭されます(゚O゚)

とても厳しいように思えますが

結果それでたいていの子は泣き止んで

癇癪をおこすのをやめます。

そもそも子供というのは

大人の気をひこうとして泣きます。

よしよしかわいそうだね、

としてあげるより

少し厳しくすることも本当の子供の心の成長のためには大切なのかもしれません。

この間一人の子が

チューブに入っているヨーグルトを強く押しすぎて

全て洋服などにこぼしてしまいました(´;ω;`)

もちろん

大泣き。。

私はすぐさまこぼれたヨーグルトを片付けようとしたのですが

一人の保育士さんが

‘Why are you crying? You want more?’

と子供に聞いて子供がうなづいたところで

と洋服やお菓子のパケージにこぼれた綺麗な部分のヨーグルトをすくって食べさせました。

そして一言。

‘See? You can have some yogurt’

すると

ちゃんと泣き止んだんです

多分私がただ単にヨーグルトを片付けたら

こんなにスムーズに事が収束しなかったと思います。

どんな時も

子供に理由をきちんと聞いてあげる

というのは大事なんだな、と思いました。

そして泣いていても

ただ単にあやすだけじゃなく、

何が気に入らないのかを自分の言葉で説明させる質問を投げかける

ことをしてあげることで

自立心や自制心を育てていっているのだと感じました。

かわいがるだけが

じゃないですね!

日本は少し子供を甘やかす傾向にあるように感じます。。

自分で自分のことを考え行動できる人

に成長してもらうためにも

ただかわいがっているだけではだめですね!

今週もとてもお勉強になりました(^O^)

この記事を書いた人

Aya

カナダの保育園で保育ボランティア中。 日本で5年間英語教員として勤務し、ワーホリでカナダへ渡航、 日本での経験を活かし文化や保育という違う環境で教育に携わり経験を積んでいる。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す