新型コロナウイルス(COVID-19)によって国境閉鎖したけれど今できることに目を向けよう | ホイクペディア | 海外保育士の留学情報サイト

新型コロナウイルス(COVID-19)によって国境閉鎖したけれど今できることに目を向けよう

Tomoka

この記事を書いた人 Tomoka
2020.03.18

【告知】

Now Loading...


皆さん、こんにちは。カナダの日本人保育士Tomokaです。

皆さんご存じの通り、カナダのジャスティン・トルドー首相がカナダ時間の3月16日午前11時にカナダの国境封鎖を発令いたしました。カナダ時間の18日から適応されます。

参考リンク:カナダも国境封鎖 トルドー首相、国民に自宅待機訴え

カナダ人、カナダ永住権を持つ人、アメリカ人、航空関係者、外交官などを除いて、入国できなくなりました。つまり、学生ビザ、就労ビザ、ワーキングホリデービザ、観光ビザでの入国はできなくなりました。しかし、カナダが国境を封鎖しているこの期間内に、ビザの入国期限が切れてしまう人たちへ90日間まで期間延長の特別措置が取られました。下のリンク先で状況を説明する必要があるそうですが、これでとりあえず、少しは安心できるのではないでしょうか。

こちらがそのリンク先:IRCC Web form: Contact us online

 

さて、本題です。毎日コロナウイルスのニュース、刻一刻と変わる周りの状況などに不安いっぱいの読者の皆さんがたくさんおられるのではないでしょうか。ましてや、これからいざカナダに入国って考えられていた方なら、尚更突然の国境閉鎖のお知らせに、特別措置は取られたものの一瞬でも途方に暮れられたのではないかと思います。本当にびっくりしましたよね…。

私Tomokaも元は留学生。そして、実は未だに永住権を持っていない「いつまで宙ぶらりんやねん!!」と突っ込まれそうな立場でございますが、そんな私Tomoka流に、今のこの状況にできそうな身の回りの準備や心の準備なんかを今回書いてまいります。今はまだカナダにいつ来られるかはわからなくて不安でも、できることはありますので少しずつやってみましょう。

また、カナダで現在就職活動中、あるいは現地での就職を考えていらっしゃる方へのお知らせも書いていますので、良かったら読んでみてくださいね。

心の準備編

1.計画通りにいかないって知っておいたら怖くない!

いきなり否定っぽくてびっくりされたらごめんなさい。不安になったらごめんなさい。

しかし、これは留学あるあるです。当初計画していたのと違うことなんて頻繁に起こります。ビザの状況はいきなり変わったりするし、思ったより金銭面に苦労したりとかね。はい、これ私です。もういっぱい色んな事が計画丸つぶれでキーキー言っておりました。でも、この計画通りにはならないことを知っておいたら、逆に度胸がつくんです。計画通りにはならないことも多いけれど、プランB、プランCくらい考えるのもいいと思います。

 

2.気持ちを整える手段を知っておく!

日本で過ごしていても色々なことがあるように、カナダで過ごしていても一筋縄ではいかないようなことはたくさんあります。そして、日本以上に自分の気持ちをガシガシ話していかないと相手に伝わらないことはたくさんあります。日本にある「察する」という文化がこちらにはないのでね、残念ながら。

今世界中で起こっているコロナウイルス流行からもわかるように、パニックになっている人や不安な人はたくさんいます。でもそんな日々を過ごす中でTomoka的には、いかに自分の気持ちを整えられるかが重要になってくると思っています。これは留学生活にも当てはまってくると思います。自分の力でどうしようもないことが起こって、自分ができることをやり切って、それでも無理なら仕方がない。そうなると起こっていないことに不安を覚える時間が勿体なく思えてきませんか?

 

身の回りの準備編

1.英語の勉強

耳にタコができる方もいると思いますが、出発が伸びている間に英語の勉強はしましょう。オンライン英会話、海外ドラマや映画を英語音声と英語字幕で、好きなことを英語でやってみる、IELTSやCELPIPの勉強(※これは永住権や大学入学したい人向け)など、ご自分が必要だと思うもの、ご自身がやりたいと思うものをやってみましょう。日本にいても英語の勉強はできますから。

 

2.貯金

私Tomokaははっきり言ってカナダでお金に苦労しました。まぁ、私に限らず留学生のSNSやブログを見ていると少なからず金銭面のピンチを一度は迎えているという方はまぁまぁいます。それだけ、予定外の出費があるんですよ、本当に。日本でもコロナウイルスが流行っていますので、どれだけ仕事やバイトができるのかわかりません。しかし、もし可能なら少しでもお金を貯めておきましょう。今はドル安なのでカナダドルに換金するのにいいタイミングですしね。

 

3.保育関係の勉強

なかなか家から出られない!けれど、英語の勉強ばっか飽きた!!という方は、カナダの保育現場でよく使われている英語表現やフレーズを覚えたり、英語の歌を覚えたり、フェルトストーリーやパペットを作っておきましょう。それらを用意していれば保育現場ですぐに使うことができますからね!!

 

カナダでの就職に奮闘されている皆さんへ

カナダでの就職活動に日々奮闘されている皆さんも、コロナウイルスに負けずに頑張られていると思います。国境を越え、言葉の壁をたたき割り、文化の壁を蹴飛ばして、日々奮闘されている皆さんへのホイクペディアからのお知らせです。4月5日日曜日にCOSのオフィスにて卒業後の就職を考える方の為の会を開催いたします。

お問い合わせ、申し込みはこちらから→保育士交流会開催

こちらの会では、現地の就職活動に役立つ情報をいっぱいゲットできると思いますし、就職活動中の他の日本人保育士さんと交流するチャンスもあるかもしれません。

今後渡航される日本人留学生の目標となる可能性もありますので、是非参加してみてくださいね。

 

まとめ

今春に渡航を予定されていた皆さんは、本当に不安でいっぱいになったと思います。だって、その為に必死でお金を貯めたり勉強したり、社会人の方でしたら渡航予定日に合わせて退職されたりしていたわけですからね。不安にならないわけがありませんよね。

でも、私は思うのです。渡航が中止になったわけではない。渡航が少し延びただけであると。そして、これは地球規模での大きな試練。これを乗り越えられたら、これから起こるであろう数々の試練なんて意外とあっさりな気がします。これを乗り越えられた皆さんの留学、絶対に上手くいくと思います。日本とカナダと、そして世界中にいる皆さんと共に乗り越えましょう。日本にいる今春渡航予定だった皆さんへ、今できることに少しずつでもいいので目を向けてください。そして、毎日の日本での生活を大切にしてください。こちらに来たらしばらく味わえないかもしれません。特に日本食は堪能しておいてくださいね。私はもつ鍋とカニが恋しいです(笑)。
では、また近いうちにホイクペディアで会いましょう。

この記事を書いた人

Tomoka

日本では小学校教諭8年。ずっと子どもたちと関わる仕事をしています。COSカナダ留学サポートデスクとの出会いはホイクペディアで活躍している海外保育士さんのブログがきっかけ。持ち前の決断力と行動力で小学校教諭を退職してからの30代でバンクーバーに留学。保育士免許書き換えと現地のカレッジ履修を通してBC州の保育士免許を取得。ホイクペディアの他自身のサイト「カナダで保育士奮闘中」も運営中。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す