Blast off!(発射!) 海外の保育園で子供達が大好きな遊び

Takuro

この記事を書いた人 Takuro
2015.02.04

【告知】

2018年5月27日(日)名古屋にて、ホイクペディアのグループ会社であるナデシコ留学が無料の留学/英語習得セミナーをLanguage Labさんと共同開催します! セミナー後はランゲージエクスチェンジも開催されますので、そのままリアルな英語コミュニケーションもお楽しみいただけます。(参加費500円) 留学セミナーは30分、英語習得セミナーは1時間30分程度を予定しています。個別の留学相談も直接承ります。 お申し込みは、こちらのナデシコ留学のページよりお願いします。


こんにちは海外の保育園でボランティアをしているTakです。

 

プリスクールでの保育ボランティアもあっという間に一か月経ってしまいました。

子供たちとも仲良くなったもので、手を引かれて色々な遊びを一緒にします。 その中でも一番体力を消耗するのが、子供たちの打ち上げです。

 

“let me fly!”と叫んでくる子供たちを抱えたり背負ったりしながら小さい園内を歩き回りまわります。

子供2人を一気に乗せることもあります。

 

回ってみたり、ジャンプしたり、上下に動いたり、スキップしたりして30秒ほど歩き回ります。

抱えてる子供もそうですが、他の下にいる子も足元にやってきたり歓声をあげます。

 

普段の自分の身長より高い位置で見られること身体が宙に浮いてるような感覚が楽しいのでしょうか?

僕はあまり小さい頃そのような記憶がないのでわかりませんが、毎日せがまれます。

 

ある子供なんかは何回か乗った後に、僕は疲れてしまったので拒否すると、

“Last time!!”

と言うので、また乗せてあげると終わるたびに”Last time”と言って何度でも乗りたがります。

 

僕はもうできないと意思表示をしますが、日本が常任理事国ではないことも関係あるのでしょうか、この園内で 僕の拒否権はありません。

そんなときに先生が 、

 

Be gentle (やさしくね)

 

と子供たちに言い、子供たちも先生の言うことは聞きます。

他の場面でもおもちゃを投げたり落ち着かせるときに僕のプリスクールの先生は結構使います。

 

僕もこの言葉を使いたいなと思う時が最近ありました。

5人くらいを連続で担いで歩き回った後でちょっと疲れたな~と思っていると、

 

先生:”○○ (子供の名前)! Let’s blast off with Takuro”

 

とまだやっていない子に。。。

 

自分: “No more en…”

 

先生:”3.2.1.blast off!!!”

自分:”booooooo!!“(子供を抱えて飛び立つ)

 

(先生、、、Be gentle to me… )

 

 

どうもTakでした。(※その先生はとてもgentleで素敵な女性です。)

Tak

 

この記事を書いた人

Takuro

保育士の仕事に興味があってボランティアを始めました。経験も知識もなく英語力もそれほどありませんが、頑張ります。腹話術が得意なのでそれを通じて子供たちに何かできたらいいなと思います。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す