カナダの保育園でよく歌われる歌のご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
may

この記事を書いた人 may
2017.08.06

皆さんこんにちは。カナダで保育士をしているmayです。
 
カナダの保育園では例えば食事の前や片付けの時間の前に
歌を歌ったりします。


例えば片付けの前によく歌われる歌はこちら。

Clean up clean up everybody everywhere.
Clean up clean up everybody do your share.

 

 
言葉だけで「はい、片付けの時間ですよー!」と言っても
なかなか片付けしない子供も多いのですが、
歌を歌うと、「あ、片付けの時間なんだな」とわかるので効果的。
 
片付けの歌はこちらもあります。

Time to put the toys away,
toys away, toys away,
It’s time to put the toys away,
toys away, toys away.
So we can go outside and play.

 
Youtubeで見つけれなかったのですが、
「ロンドン橋落ちた」にのせて歌うとOK。
 
こちらはご飯やおやつの時間前によく歌われるうた。

Hungry, hungry I am hungry
Table, table here I come
I could eat a goose-moose burger
Fifteen pickles and a purple plum

 

 
まだあまりしゃべらないような年齢の子でも、
一緒に歌ったりするので楽しいです。
 
どの歌も、働いたことのある保育園でよく聞いたので
それを耳で覚えて使っているのですが、
そのため出だしのフレーズしか歌詞がわからないこともよくあります。笑
そういうときはちょっと最後の方ごまかしたり..。
 
こないだは、子どもたちと外で遊んでるときに、
この歌を歌って遊びました。

Ring-a-round the rosie,
A pocket full of posies,
Ashes! Ashes!
We all fall down.

 

 
こちらはイギリス版とアメリカ版で違うみたいです。
これも子供たちが歌っているのを聞いて覚えたので、
歌詞がだいぶあやしかったんですが、
こう歌ってたのね..!
 
Ashes ashesのところは、イギリス版だと
A-tishoo, A-tishooみたいなのですが、
私は子どもたちのを聞いて「アッシャ!アッシャ!」だと思ってました。。笑
そうやって子どもたちも言葉を覚えていくのね..!
と実感しながら、日々今も歌は勉強中です。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

may

カナダ・バンクーバー近郊にある公立大学Capilano Universityで保育を勉強。日本では広告業界で働いていたので保育関連の知識や経験はゼロでしたが、卒業後無事フルタイムの保育士として現地の保育園に就職しました。移住を目標にカナダへ来たので、次の目標は永住権取得。ビザや永住権に関するトピックにも触れながらカナダの保育についての生の情報をお届けします!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す