カナダで保育士!待遇や必要な資格など・・求人情報はこう読む!

may

この記事を書いた人 may
2017.06.25

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


皆さんこんにちは、カナダで保育士として職探し中のmayです。
海外で保育士として働くにあたって、まず第一の難関となるのが職探し。
どうやって探したらいいのかや、求人情報に書いてあることの意味などが
わからないって方も多いのではないでしょうか?
今日はそんな方に向けて一緒に求人情報を読み解いていきたいと思います!

職探しの方法は色々ありますが、一番簡単で多くの人が利用しているのがcraigslist。
これは保育士だけではなく、様々な職種において求人情報が載っているので、
ワーホリでくる方も、日本食レストランやカフェ以外で働きたい時には
ぜひcraigslistをチェックすることをおすすめします。
今回ここでご説明するのは保育士の求人情報についてですが、
他の職種にもあてはまることもたくさんあるので、ぜひ参考にしていただければと思います!
 
というわけでまずはcraigslistで検索し、出てきたサイトに
「early childhood educator」(保育士のことです)とうってみます。
カテゴリーを「jobs」(仕事)にするとこんな感じの量の求人が出てきました。
 

 
まあまあたくさん求人が出ています。バンクーバー郊外も多いですが。
その中でいくつか見てみましょう。まずはこちら。
 

タイトルがEarly childhood educator – part time or full time (Vancouver)となっているので
バンクーバー市内の、パートまたはフルタイムの保育士募集の求人です。
カナダは正社員、契約社員、パート社員、アルバイトなどの格差はあまり無く、
フルタイムorパートタイム、パーマネント(終身)orコントラクト(期間契約)、
レギュラーorサブなどと分類されることが多いです。
サブの先生でも毎日長時間働いている人もおり、
園によりますがレギュラーの先生と同等の仕事をすることもあるので、
いわゆる学生アルバイトという感覚で働く人は少ないかもしれません。
 
というわけでこの求人では保育園の名前は伏せましたが、
「○○保育園は2.5〜5歳までの子供を見る、やる気があってクリエイティブで、
几帳面で経験豊富な保育士を探しています。」と出だしに書いてあります。
そのままざっと訳していくと、
 
「フルタイム(週35時間)とパートタイム(週25時間)両方を募集しており、
毎週月〜金曜日フルタイムの人は10時から5時半まで、
パートタイムの人は12時半から5時半までのシフトです。
 
応募資格
 
-保育士免許
-First aidの資格
-保育に関連する経験
-無犯罪証明書
-3人の推薦人
-子供に対してのたくさんの愛と情熱
-8人の子供を取りまとめることができる
 
興味のある方はEメールにて履歴書を送ってください。
面接へ進まれる方にのみこちらからご連絡差し上げます。
 
仕事のタイプ:フルタイム又はパートタイム
給料:時給$16から$18
勤務スタート日:原則8月1日から、ただし適任者はその日より早く始めることもある」
 
というのが全訳です。
 
ここで重要なことを少し詳しくご説明します。
 
[Qualification]
応募資格と訳しましたが、「この職につくにふさわしい人はこんな人」
というようなニュアンスです。この資格全てをクリアしている人はもちろん応募できますが、
一つや二つクリアしてなくても他の応募者の具合によっては
合格する可能性もあるので、怖じ気づきすぎずに応募してみるのがいいと思います。
例えば、この保育園はMust have ECE licenseなので保育士免許必須ですが、
Mustと書いていなければ、Assistantしか持っていないんだけど今学校に通っていて
いずれ保育士免許を取る予定、などと言ってみると意外に通ったりしますし、
Related experienceも例えば、保育士はしたことないけど子供にかかわる
ボランティアをしていたとか、言い方次第で認められる場合も。
 
[Salary]
言わずと知れた給料のことですが、カナダではほとんどの職種が時給での提示です。
保育士も時給提示のところがほとんどで、16〜18ドルは平均的な額かと。
時間数も一日の拘束時間ではなくなぜか1週間の拘束時間が伝えられるので
仮に$17だった場合、フルタイム(35時間)で週$595、4週間で$2,380となります。
お給料は2週間に1回払われるところが多く、日本のように1ヶ月単位ではありません。
月給換算にするとだいたい$2,600といったところでしょうか。
日本の保育士さんに比べたら、だいぶ待遇はいいかもしれません。
 
[resume]
履歴書のことですが、ここでは履歴書を送ってくれとだけ書いてありますが、
カバーレターもつけて送る必要があります。履歴書やカバーレターの書き方、
Referenceなどについて詳しくは過去記事をご覧ください。
 
[ECE license/First aid/criminal record check]
保育士資格、応急処置講習証明書、無犯罪証明書
何のことやらと思う方もいるかもしれませんが、これらの資格や書類は
だいたいの保育園で必要となってきます。こちらも詳しくは過去記事で紹介していますので
参考にしてみてください。
 
このような求人を見ると、保育園がどのような人材を求めているかがわかります。
この保育園は、クリエイティブだったり几帳面であったりする人が欲しいと書いてあるので、
カバーレターを書く時や面接の時にそこを強くアピールするといいと思います。
 
もう一つこちらはバンクーバーからだいぶ離れたWhite Rockというところの
保育園の求人を紹介します。
 

 
さて、一つ読んでみると他の求人も似ていることがわかりますね。
こちらは「immediate opening for..」と書いてあるので、今すぐにでも働ける人を
募集しています。また、この保育園は1〜5歳の子供をお世話するようですし、
こういうduty(仕事、義務)がありますよと羅列してあります。
これもカバーレターや面接時にうまくアピールできるように
よく読んでおくといいと思います。
 
Qualificationは保育士資格を持っている人(または今取ろうという過程にある人)
とあるので、まだ持っていなくても大丈夫ですが、ECE Assistant(as a minimum)
とあるので、保育士アシスタント資格が最低あればよさそうです。
この保育園は週30〜40時間のフルタイムで、コントラクトとのことなので、
期間契約だと思いますが、ワーホリの方などだったら逆にちょうどいいかもしれないですね。
 
こちらも時給$16〜18なので1つ目の保育園とお給料は同じですね。
 
というわけで今日は求人丸ごと読み取りしてみましたが、
いかがでしたでしょうか?
せっかくカナダにきて働くのであれば、飲食店などだけでなく、
キャリアを活かした仕事も視野にいれてみてはいかがでしょうか?
 

この記事を書いた人

may

カナダ・バンクーバー近郊にある公立大学Capilano Universityで保育を勉強。日本では広告業界で働いていたので保育関連の知識や経験はゼロでしたが、卒業後無事フルタイムの保育士として現地の保育園に就職しました。移住を目標にカナダへ来たので、次の目標は永住権取得。ビザや永住権に関するトピックにも触れながらカナダの保育についての生の情報をお届けします!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す