Thanksgiving Day!カナダ・アメリカの感謝祭

Chloe

この記事を書いた人 Chloe
2015.11.20

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


いよいよ2015年も残り僅かとなってきたこの時期、北米ではたくさんのイベントが押し寄せてきます!そのひとつがThanksgiving Day!!(感謝祭/収穫感謝祭)

 

じつはカナダではこのThanksgiving10月の第二月曜日で終わっちゃってるんですが、アメリカでは11月の第四木曜日でまだ先ということもあり、今回はこの一大イベントThanksgivingにちなんだ使えるフレーズなんかを紹介しつつこの文化についてお話したいと思います!

 

Thanksgiving Day

北米、特にアメリカではクリスマスの次に盛り上がるのではないかというくらいのおっきなイベントのサンクスギビングデー。その名の通り、あたえられているものに感謝をする日なのです。もともとは宗教的な背景から作物などの実り・収穫に感謝する日だったのですが、最近では家族だったり環境だったり、自分の置かれている状況やあたえられているもの全てに感謝をする日となっています。

 

What are you thankful for?

サンクスギビングで決って出てくるフレーズはthankful for〜「〜に感謝する」です。デイケアなんかのグループディスカッションでサンクスギビングがテーマだと、先生がWhat are you thankful for?「あなたは何に感謝してるのー?」と子どもたちに問いかけて、子どもたちはそれぞれ考えつく感謝の気持ちを述べたい相手や物についてお話していきます。

 

I am thankful for my mom and dad!「お母さんとお父さんに感謝します!」

 

I am thankful for chocolates!「チョコレートに感謝する!」

 

I am thankful for that I can go to school and play with my friends!「学校に行けて友達と遊べることに感謝します。」

 

などなど、実際に子どもたちの口から出てきた感謝の気持ちです☆こんな風にして、みんなで感謝の気持ちを述べて、これからも毎日に感謝しながら生活していきましょうねという再確認の日でもあるのです☆

 

 

Thanksgiving dinner

サンクスギビングの日には家族や親戚など遠くに住んでいる人達も集まって豪華なディナーを食べながらファミリータイムを過ごすのが定番となっています。

 

ご存知の方も多いと思いますが、Turkey(七面鳥)にマッシュポテトにクランベリーソース、カナダではグレイビーソース、そしてパンプキンパイがサンクスギビングディナーの定番です!

 

給食のでる学校では必ずといっていいほどサンクスギビングにちなんだランチメニューでターキーが出たりパンプキンパイが出たりしてとっても豪華です☆わたしも今回のサンクスギビングでザ!定番サンクスギビングディナーをいただけたので、写真で紹介!

 

20151010_180035

おっきなターキー!!

 

20151010_193128

ミカンにセロリでミニパンプキン♡とカスタードタルト☆

 

20151010_194418

おっきなアップルパイにその奥がパンプキンパイ☆

 

20151010_174809

テーブルセットアップもとってもオシャレでした☆

 

この写真たちからサンクスギビングがどれだけ重要なホリデーか伝わったかな!?

 

日本のインターナショナルスクールなんかはアメリカのホリデーに沿って行事をすることが多いのかなーと思い、カナダではサンクスギビングは終わっちゃいましたが今回サンクスギビングのあれこれをお話しさせていただきました!”thankful for”を使ってグループディスカッション是非してみてください!

 

それでは今回はこのへんで!

 

この記事を書いた人

Chloe

バンクーバーアイランドにある州立大学のECEプログラム卒業後、ECEフルライセンスを取得し、Infant and Toddler Daycare、Junior Kindergarten等様々な保育施設で保育士として働く。永住権を取得し、保育士経験6年目となった2014年に心機一転、トロントに渡り、幼児教育のBA(学士号)取得を目指し州立大学3年次に編入。現在、大学生と保育士の2足のわらじをはいて毎日奮闘中!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す