✽海外の保育ボランティアで見た朝の会の様子✽

Haruko

この記事を書いた人 Haruko
2015.06.08

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは、海外のデイケアで保育ボランティア中のHarukoです!ちょっと前に書いた記事なので、少しタイムラグがありますが。。

 

その日は、もう5月も後半だというのに、外が以外に寒くおやつを食べ終わたあとは20分程、”サークル・タイム”

 

先生が子ども達からのリクエストに応えて絵本を2冊ほど読んだあと・・・・・・。

(ボランティアをしていて感じる事は、子ども達を集中させたいときや何か製作をするときに、日本では必ず手遊び等をして一回、落ち着かせてから先生が前に立ってからスタート。

でも、この施設ではなのか海外保育の現場はこうなのか、、、区切りがなく子ども達もあまり集中していない様子・・・・・。)

 

”We’re gioing a lion hunt”

と言うリトミック要素の高い、体を動かす遊びをしました\(^^)/

 

動物の鳴き声でその動物の真似をしてみたり、音楽が静かになると忍び足になってみたり(^O^)

これは、子ども達にとっても初めてだったようで最初はみんな戸惑っていたように見えたけど、、、、。

終わってみたら、”もう一回、やろう。” ”もう一回、もう一回” と子ども達からのリクエストの嵐(笑)

 

曲調も覚えやすく、終わった後も子ども達は口ずさんでいました♪゜・*:.。. .。.:*・♪

たまにはこういう朝の会も新鮮でいいなと思いました!

この記事を書いた人

Haruko

日本で、保育士を5年間していました♫ 海外保育に興味があり、ワーキング・ホリデービザを取得してカナダにきました。海外保育を体験したいと思っていたところに、デイ・ケアーでのボランティア体験ができる事に( ^o^ )✩これから子ども達と先生の関わり方・日本の保育との違いを体験していきたいと思います♫


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す