✽外・あそび✽ ~part 1~ 海外の保育ボランティア先での子供達の遊び方

Haruko

この記事を書いた人 Haruko
2015.05.12

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは(o^^o)♪
今回は海外の保育ボランティア先での「外あそび」の様子について書こうと思います。海外の子も日本の子も「外あそび」は大好き♪♪

先生から「外あそび」に行くよと声がかかると、大喜びの子ども達

外に出ると年齢の高い子達が集まり、「Let’s play hide-and-seek」(かくれんぼ)と言ってお友達を集めていました(^O^)

Let’s play hide-and-seek」の掛け声でお友だちを集め

Rock Paper Scissors」(じゃんけん)で鬼お決めて「かくれんぼ」がスタート♫♪

鬼になった子が数を数え終わると「Ready or not , here I come!」と言って次々とお友だちを探していました(n‘∀‘)η

日本の「かくれんぼ」と違い、「もーいーかーい」や「もーいーよ」のやり取りはなく、鬼の子が数を数え終わったら、

まだ、隠れ途中の子もいるのに「Ready or not, here I come」と言って探しに行ってました。。。。

すぐに見つかった子はふてくされていました(笑)

”数を数えるのが早い” と

見つけられたこの気持ちは世界共通なのかな~(笑)

 

この記事を書いた人

Haruko

日本で、保育士を5年間していました♫ 海外保育に興味があり、ワーキング・ホリデービザを取得してカナダにきました。海外保育を体験したいと思っていたところに、デイ・ケアーでのボランティア体験ができる事に( ^o^ )✩これから子ども達と先生の関わり方・日本の保育との違いを体験していきたいと思います♫


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す