雨の日にできる!室内ゲーム

Mayumi

この記事を書いた人 Mayumi
2015.05.22

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


 

こんにちは、マユミです!

 

5月も、あと1週間のみ。

バンクーバーは、雨の季節も過ぎ、晴れて暖かな日が増えてきました。

でも、日本は、梅雨が近づいてきてますね~

 

なので、今日は、雨の日に室内で出来るゲームを、いくつか紹介したいと思います。

 

Duck Duck Goose

 

、日本のゲーム、ハンカチ落としのように、子供たちが内側を向いて、円状に座ります。

 

、1人が、オニ、となり、円の外を歩きながら、座っている子供達の頭を触っていきます。

頭を触る際には、「Duck」または、「Goose」と言います。

 

、「Goose」と言われて、頭を触られた子供は、立ち上がって、オニを追いかけて走ります。

 

、オニは、「Goose」と言われた子供が座っていた場所に座り、

今度は、その「Goose」と言われた子供が、オニとなります。

 

 

Who’s Under the Blanket?

 

、子供一人が隠れることが出来るくらいの大きさのブランケットを用意します。

 

、1人がオニとなり、部屋の外で待っていてもらいます。

 

、オニが待っている間、ブランケットの下に隠れる子供を一人決め、

ブランケットの下で、静かにしていてもらいます。

 

、子供が隠れる様子を、見た他の子供達には、誰が隠れているか秘密にするように!

 

、用意が出来たら、オニに部屋に戻ってもらい、

「Who’s under the blanket? Who’s under the blanket? Can you guess? 」と言います。

(適当に、チューンを作って歌ってみてください。)

 

、オニが、分からなければ、隠れている子供の足をちょっとだけ見せたり、

ヒントをあげてください。オニが正解すれば、今度は、隠れていた子供がオニとなります。

 

 

What time is it, Mr. Wolf?

 

1、広いスペースを使って、遊んでください。

子供1人がWolfとなり、別の子供達は、少し離れて立ちます。

(だるまさんがころんだ、のように立ちますが、Wolfと子供達は、向き合っています。)

 

2、子供達が、Wolfに向かって、「What time is it, Mr. Wolf?」と大きな声で聞きます。

 

3.Wolfは、好きな時間を適当に言います。例えば、「3 o’clock」

 

4. 子供達は、Wolfに言われた数だけ、Wolfに向かって歩いて行きます。

3 o’clock  → 3歩 歩く

 

5. 2~4を、繰り返していきます。

 

6. Wolfが好きなタイミングで、「何時」の代わりに、「Dinner Time!」または、「Lunch Time!」と、言ったら、子供たちは逃げて、Wolfはそれを追いかけます。

 

7. 別の新しいWolfを決めて、また、1から始めてください。

 

 

上にあげた3つのゲームは、とっても有名なゲームで、誰でも知っているようなものです。

次の1つは、普段の子供達が遊ぶ様を見て、私が作ったゲームです。

 

Find the Kittens

 

、準備として、小さな紙に、簡単なネコの絵を書きます。

それを、ゲームをする子供たちの数の分を作ります。

 

、「Little kittens were busy playing and now their mama cat can’t find them.

Can you help her to find the, please?」

「子猫たちが、遊びに夢中になって、どこかに行ってしまったの。ママ猫が子猫たちを

探しているんだけど、手伝ってくれない?」 なんて、子供達に話しておきます。

 

、子供たちには、別の部屋で待っててもらい、もう一人のスタッフが、別の部屋のどこかに、子猫の紙を隠します。

 

、子供達には、一人、一匹だけ探す、見つけたら、スタッフに子猫の紙を渡すようにお願いしておきます。

 

 

子供達が、猫や犬の真似をして遊んでいる姿をよく見かけたので、作ってみたゲームなんですが、大好評で、「Again! Again!」と言ってもらえます。

 

 

と、こんな感じでたくさーんインドアゲームがあります!

よかったら参考にしてみてくださいね(*´▽`*)

 

子どもたちも大興奮間違いなしですよ~

 

 

この記事を書いた人

Mayumi

日本の大学で文学部を卒業後、幼児英語教師を目指しバンクーバーへ留学し、MTIコミュニティーカレッジでECEを学んだ後、ナニーとして働きました。現在はInfant&Toddlerセンターで保育士として働く一児の母でもあります。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す