海外の保育士が子供達をクールダウンさせたい時に必ず使うフレーズ

Mika

この記事を書いた人 Mika
2015.05.03

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは Mikaです。

 

少しずつ暖かい日が増えて来たのに、日本のように一気に春にはならないバンクーバーです。

ここは日本ではありませんが、まさに三寒四温といった感じです。

 

 

 

今週のうち1日は、小学校の校庭へと遊びに出かけました。

たまたま牛が直接学校に来て、出前授業のようなことをしていたので、授業後に座らせてもらった子どもたちです。

子どもたちのきらきらした表情を見ていると、やはり生きた教育は大切だと感じます。

 

 

image

 

 

 

さて、今日は子どもたちの自由遊びの時間のお話をしたいと思います。

 

私の働いている保育園では、9:30am頃までは子どもたちが自由遊びをできる時間になっています。

ただし自由と言っても何をしても良いわけではなく、保育士がしっかり影でコントロールをしています。

 

今使っていいのはこのエリア。

うるさくなれば、エリアのメンバーチェンジ。

こういった事は日本の保育園でもされているのかもしれません。

私は保育園での勤務経験が無いため、こういった幼少期の教育方自体がとても新鮮です。

 

子どもたちをコントロールする時

保育士がいつも使う言葉があります。

 

Slow Down

 

です。

 

子どもたちがはしゃいで上がり過ぎそうになると、保育士は必ずこの言葉をかけます。

 

もちろん保育士と子どもたちの信頼関係があっての事ですが、

子どもたちがこの言葉を聞くとなぜかすーっとクールダウンしていくのが分かります。

 

言い回しの違いはあっても、かなり使えるフレーズだと思いますので、ご紹介させていただきました(^^)/

 

この記事を書いた人

Mika

日本では養護教諭として働き、現在ワーキングホリデーの期間を利用して保育園でのボランティア活動中。働きながらボランティア活動を2ヶ月実施したのちは、J-Shineの資格を取得予定。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す