海外の保育ボランティアレポート!遊びの時間

Akiko

この記事を書いた人 Akiko
2015.01.16

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


初めまして!海外で保育ボランティアをしているAkikoです。

 

お水遊びや、砂遊びは戸外でのイメージがありますが、子どもの好奇心は室内、戸外関係なく

溢れていると思います。

そして、その好奇心が満たされ中での経験は、子どもたちにとって大切な時間だと思います^_^

そういった遊びをしている時の子どもたちの表情はとっても真剣です!!

 

20150109_163430433_iOS20150108_173852495_iOS

↑水遊び

長い時間、集中していました!容器から容器に移し替えては、ジャーっと流して、また違った形の容器を手にして・・・

色々なことを試していましたよ!!

Toddler(3歳未満)のクラスから上がってきたばかりの、小さい子たちは特に興味津々でした♡♡♡

 

保育士は、服が濡れないようにとエプロンを着けることを提案しますが、こどもの返事は「NO」でした。

そして、保育士は笑顔で「OK」と子どもの気持ちを全面的に受け入れていました。

こういった対応も、子どもたちの育ちの助けになるんだなぁ、と改めて感じた時間でした。

 

20150109_164644088_iOS

↑砂遊び

30分以上も遊んでいました!

この記事を書いた人

Akiko

日本で、11年間保育士として働いていました。自分自身の成長のためにと、ワーキングホリデーでカナダに来ました。子どもたちとの関わりを通して、保育士としての経験を活かすと共に、カナダの保育について学びたいと思います!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す