★Remembrance Day★ 同じ過ちをくり返さないために子供達に伝える大切なこと

Aya

この記事を書いた人 Aya
2014.11.18

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは

海外で保育ボランティアをしているAyaです(*゚▽゚*)

 

先週こっそり(?)イギリスに旅行していたのですが

帰還しました(^O^)

私先週の火曜日のRemembrance Day

イギリスにいたのですが

あちらでも戦死者を祭って

色々な催しが行われていました。

イギリスでは休日ではないのですが、

午前11時には二分間みんな黙祷します(°д°)

私はその時バスに乗っていたのですが

バスの運転手さんもバスを路肩に停めて

黙祷していました。。。

たとえ自分と直接関係ない人たちでも

過去の悲惨な戦争・その中で亡くなった人

を忘れずにいることは

同じ過ちを繰り返さないためにも大切なことですよね。

 

デイケアでもRemembrance Dayの前週から

少しずつアートやサークルタイムでなどで関連アクティビティーをしてきました(^O^)

ポピー系のアートは毎朝みんなデイケアに来て最初にやりました。

そのうちのひとつは紙皿リースポピーを飾ったもので

(写真がなくてすいません、、、)

天井からみんなの作品を吊るしました(*゚▽゚*)

サークルタイムでは

兵隊のお話を読む先生もいました。

 

その過程で

この日は何のための日なのか

ということも一緒に教えます。

 

驚いたことは

先生に

Remembrance Dayは何の日かな?

何をするための日かな?

と聞かれると、

To remember the soldiers who died in the war!

と子供たちはきちんと答えることができるんです(^-^)

3歳の子でも先生に聞かれると

自分の言葉で説明することができます。

日本だったらこの歳で

なかなかそこまでの語彙や内容を話せる子は少ないですよね

死という概念をきちんと理解しているかはまだ危ういですが

幼い頃から戦争というものと

きちんと向き合わせることは見習っていきたいと思いました。

 

さて。

突然ですが、子供にとってお友達ってすごく大事ですよね?

普通に遊んでいる時でも唐突に

Will you be my friend?

You are my friend, right?

とお友達に確認(?)しているのをよく見ます(´∀`)

逆に喧嘩をするときは

You are not my friend any more!!!!

とドラマティックに言い放ちます笑

このフレーズは先生もよく使っていて、

 例えばフルーツなどの体に良いものを子供が完食したとき、

Good job! You are my best friend!!

と言ったりします(*゚▽゚*)

そうするとみんなうれしいので

食べ終わるとこぞって先生にプレートを見せてアピールします笑

「友達」というのは魔法の言葉ですね!

 

最後に割と余談ですが

女の子が大好きなお歌を紹介します

Barbie Girl



私のボランティアをするデイケアでは

このCDを流すと女子がみんなセクシーに(?)踊りだします笑

とぉってもかわいいので

見たい方は是非曲をかけてみてください(*゚∀゚*)

 

Aya

この記事を書いた人

Aya

カナダの保育園で保育ボランティア中。 日本で5年間英語教員として勤務し、ワーホリでカナダへ渡航、 日本での経験を活かし文化や保育という違う環境で教育に携わり経験を積んでいる。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す