海外保育ボランティアレポート!Circle Timeの様子

Akina

この記事を書いた人 Akina
2014.08.18

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは、海外で保育ボランティアをしているAkinaです :)

 

今週は珍しく天気が悪い日が続き、子供達も外で遊ぶことが出来なかったので、自由時間の後は“Circle Time”と言って、先生が子供達に歌を教えたり、本の読み聞かせをする時間がありました★

 

Circle Timeでは、私たちでも良く知っている『幸せなら手を叩こう (If You Are Happy and Know It Clap Your Hands)』や、『きらきら星 (Twinkle Twinkle Little Star)』を元気よく歌っていました!

 

このCircle Timeでカナダらしさを発見したのは、先生が中国からの移民の方なので、子供達に中国語で歌を教えたりもするんです!小さい頃から色んな言語や多国籍の人と触れ合えるのはやっぱりカナダならではだなと思います♪この先生の前は、日本人の先生だった様で、子供達は『Hello Friend』という歌を日本語でも覚えててくれています♡嬉しいですね!みんな自信なさげにもKonnichiwa Tomoda-chiとちゃんと歌えていました♪

 

本の読み聞かせでは、先生が選んで持って来た本や、子供達が保育園に置いてある好きな本を選んだりしてだいたい2冊くらい読みます。さすがに2歳弱の子供達は集中力が持たなくて途中で動き回りたくなるのですが、先生がすかさず「ちゃんと座ってお話聞いてね」と注意します。どんなに小さくても決まり事を守る練習をさせて、我慢を覚えさせる事が大事なんですね!まだあまり話せない1歳8ヶ月の男の子もちゃんと話せばちゃんと理解してくれます。

 

akinablogimage

 

この本は最近2歳の女の子がはまっている本です。自由時間の時に毎回「先生これ読んで!」とこの本を先生に持って行くのですが、先生が忙しいと、「先生今忙しいから、 Akinaに読んでもらって!」と言い、私の所へ持ってきます。私は小さい子に読み聞かせる経験があまりなかったので、最初どんなペースで、どんなトーンで、どんなジェスチャーで読めば良いかわからなかったのですが、その子が何度も何度も読んで読んでとお願いしてくるので、そのお陰で読み聞かせの良い練習になっています★最初はただただ一語一語はっきりと、ゆっくり優しい声で読んでいたのが、最近では言葉に少し強弱つけたり、実際のお話に”鼻”や”足”や”おへそ”という単語が出ると、読みながらその子の鼻を触ったり、おへそをこしょこしょしたり、足を触ったりして話すと良く笑ってくれます :D 前より楽しそうに話を聞いてくれるので、安心しました!

 

akinablogimage-1

 

天気が悪い日はお外では遊べないので、子供達のパワーが有り余っています。なので、園の屋内で思いっきり体動かしてはしゃいでいます!この日はこのボーリングセットを広げてみんなで遊びました ^^

 

来週は子供達のためにも天気良くなってほしいです!

 

この記事を書いた人

Akina

はじめまして!Akinaです。カナダに住んで今年4年目になります。大学の専攻は保育からかけ離れていますが、昔から興味があったので今回ボランティアという形で実現できました。ボランティアは終了しましたが、その時の様子をお伝えします!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す