海外のデイケアで保育ボランティア!

Aya

この記事を書いた人 Aya
2014.08.19

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


こんにちは!

先週から海外のデイケアにて保育ボランティアをはじめました

Ayaと申します(^O^)

日本でも子供に関わる仕事をしていたので

日本との違いもお話できたらと思います★

さて

今日はボランティア一週目の感想をお話したいと思います(*^_^*)

一番驚いたのは

子供たちの言語能力・理解力

二歳の子でもしっかりとした文章でお話できるんです!!

この間も二歳半の子が

「パパとママが私をパンプキンと呼ぶの!」

という話を私にしてくれました笑

ちなみに

英語圏では子供に愛情込めて

pumpkin

って呼んだりします(*´ω`*)

3歳で時計の読み方をほぼマスターしている子もいます!

先生に

「3は何分かな?」

と聞かれたら

ちゃんと

「15分!!」

と答えられるんです(゚o゚;;

この保育所では

教育がしっかりしているので

定期的に時計の読み方なども

しっかりお勉強しているようです。

それでも

3歳で時計の仕組みを理解できるのはすごいですよね!

雨の日も多かったので

ただ遊ぶだけではなく

ストーリーメイキングをした日もありました。

全員がパペットを与えられて一緒にお話を作るんですが

みんな自分のパペットになりきってセリフを考え

ストーリーを一緒に作れるんです(^O^)

ちなみに内容は

高いところにあるにんじんを力を合わせてとる

という話でした★

みんな

I will help you!

It’s too highhhhhhhhh

と頑張ってなりきってました♥

これはカナダの子供だけではないと思いますが、

役を与えられてその場でなりきりお話を作れる子供の想像力には

とっても驚かされました。

ボランティアとしてここで過ごす時間は

たくさんの驚きでとても楽しいものになりそうです(*^_^*)

その経験を少しでも皆様と共有できるよう

お伝えしていきますので

よろしくお願いいたします(^O^)

Aya

この記事を書いた人

Aya

カナダの保育園で保育ボランティア中。 日本で5年間英語教員として勤務し、ワーホリでカナダへ渡航、 日本での経験を活かし文化や保育という違う環境で教育に携わり経験を積んでいる。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す