海外保育ボランティアで出逢う「はじめてできた!」

過去のボランティアさん

この記事を書いた人 過去のボランティアさん
2014.07.02

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


海外での保育ボランティアも最終週を迎えた早紀です。

子供たちとお別れなのが寂しくてなりません…!

今回はプレスクールの子供たちとご家族で、プレスクールから少し離れた大きな公園に行ってきました!

大きくて遊具もたくさんある公園に、子供たちも大喜び。普段使っているものと段違いの大きさの遊具に挑戦していました。

初めての大きな遊具はもちろん危険も多くありますが、そこは先生や親御さんが見守ったり手伝ってあげたりして安心。

そういうものを乗り越えて遊具のてっぺんに到達した子供たちはとても嬉しそうでした。

たくさんの「はじめてできた!」に立ち会えたように思います。

 

また、ひと月前プレスクールの園庭の小さめの滑り台を一人で滑れなかった子が、公園の大きな滑り台を一人で楽しそうに滑っているのを見て、こんなところも成長しているのか、またこんなにも早く成長しているのかとしみじみ感動しました。

また、目についたのが、他のところから来たこどもたちとの触れ合いです。

一年間毎日顔を合わせてきたお友達だけでなく、知らない子がいっぱいいるのが公園。

喧嘩になったりしないかな?とどきどきしましたが、みんなきちんとお砂場道具をシェアしたり、遊具の順番を譲りあったりしていました。

初めて会った子と早速お友達になっている子も居ましたよ!

普段行かない場所だと、普段見られない子供たちの一面が見られます。

6週間近く子供たちと接してきて、毎回色々な発見がありましたが、今回は特に発見が多かった気がします!

この記事を書いた人

過去のボランティアさん

2014年以前に投稿頂いた記事は「過去のボランティアさん」の記事としてアーカイブさせていただいています。


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す