保育士資格が無くても働ける?Childmindingってどんなとこ?

Chloe

この記事を書いた人 Chloe
2014.06.09

【告知】

ホイクペディアを運営するCOSカナダ留学サポートデスクでは、 日本人保育士向けにカナダの保育園への人材紹介サービスや、 ベビーシッターとしてのお仕事斡旋サービスをはじめました! すでにたくさんの保育園から人を探していると連絡をいただいています! 保育園ボランティアを通じて良い関係が作れているからこそだと思います! 皆さん本当に感謝です。 すでにカナダにいる方、またはカナダ渡航を考えられている方はぜひこちらからご登録ください!


さて、今日もトロントから現地のカナダの保育士事情をお伝えしてくわけですが、今日はいつものデイケアのお話では無く、こちらのChildmindingの保育施設のお話をしようと思います。ちなみにBC州のお話。

 

CHILDMINDINGって?

日本でも最近「チャイルドマインダー」という言葉がポピュラーになってきていますよね。Childminding(チャイルドマインディング)と聞いて、聞いたことがあるぞ。と思った方もいると思います。

 

日本でChildminderというと、Childminderの自宅かもしくは利用者の自宅でのケア提供という認識かと思うんですが、こちらでChildmindingというと、対象年齢の幅が広い、ドロップイン,パートタイム形式の保育施設になります。

 

私が働いていたChildmindingは対象年齢18ヶ月から満4歳までで、営業時間が月曜日から木曜日までの朝9時半~12時半までです。ここに通う子供たちはフルタイムではなくパートタイムのみでしか通うことができず、最大でも週に3日までしか通えません。しかし、その日もしケアが必要で、飛び込みでちょっと預かってほしい場合、スペースに空きがあれば可能です。少し託児所に似ているかなと思います。

 

そして普通の保育施設との最大の違いは、先生たちの保持している資格。

Childmindingで働くには、ECE(保育士)資格は必須ではありません!というと語弊があるかもしれませんが、最低でもECE 資格を持っている人が一人いれば、他のスタッフはECEに関係する資格は必要でなく、Responsible Adultという資格(定められたコースをいくつか受講すれば取得できる)さえ持っていれば働けます。し・か・も!36ヶ月未満のToddlerがいても、ECE ITの資格も必要がないんです

 

賛否両論だと思いますが、こちらで保育士としての経験をつみたい方には朗報ですよね。資格という壁が無くなる訳ですから。でも、親御さんからしたら少し不安が残るかもしれませんね。

 

さて、おまけでChildmindingの子供たちと盛り上がった遊びを紹介します。それは・・・

 

ブロック遊び

 

ブロックとはこんな感じの、ダンボールで作られたレンガです。

 

 

このダンボールレンガこっちの保育所では大抵どこでも見られるとってもポピュラーなToyなんです。年齢に関係なく、Toddlerプログラムでも3-5歳児プログラムでも大抵ののデイケアでみてきました。数があればあるほど大きなものを作れるので、特に大きい子供達には人気。色もカラフルで、とってもかわいらしいです。しかも意外に頑丈で、大人が乗ってもつぶれません。(ほんとは乗ったらダメなんですけど・・・笑)

 

そして、この日の超大作、私と子供達4,5人で作り上げたのがこちらのレンガタワー。

Untitled


横に立っている子がもうすぐ3歳の、身長が100センチとかそこらへんの女の子。比較してもわかるようにとっても大きなレンガタワーです。

 

みんなで協力してブロックを集めて、積み上げて、届かないところは私が手伝い、ブロックをすべて使い切って仕上げた超大作!!

 

ただ、作り終わった後が大変・・・。壊したい!派の子供たちと、壊したくない!派の子供たちに意見が真っ二つに割れ、二つの派閥で言い争いに・・・笑

だいたい、このブロックで何かを作るとこうなる笑絶対派閥ができてけんかになってしまう・・・。そこでいつも使うのが写真作戦。ずっと残しとく事は出来ないけど、写真で残しておくことができるよ。と言って写真を撮ってそれを見せてあげると、壊したくない!派閥の子供たちも大体納得してくれます。今回も、無事に壊したくない!派閥をなだめ、最後に一気にみんなで壊すことができました☆シンプルだけど、可能性は無限大なとっても楽しいブロック☆

この記事を書いた人

Chloe

バンクーバーアイランドにある州立大学のECEプログラム卒業後、ECEフルライセンスを取得し、Infant and Toddler Daycare、Junior Kindergarten等様々な保育施設で保育士として働く。永住権を取得し、保育士経験6年目となった2014年に心機一転、トロントに渡り、幼児教育のBA(学士号)取得を目指し州立大学3年次に編入。現在、大学生と保育士の2足のわらじをはいて毎日奮闘中!


ホイクペディアからの告知です

コメントを残す